fc2ブログ

Latest Entries

燃料費調整単価(中部電力)

電力会社から11月の燃料費調整単価のお知らせがありました。

20211017-2.jpg

↓推移グラフです。

20211017-1.jpg

8月から上昇となり、低圧の場合3ヶ月で1.56円上がり?11月は▲2.87円/kWhの予定です。
高圧の場合は1.52円上がり?11月は▲2.74円/kWhの予定です。
私の管理する事業場で一番電力を使うところはひと月に50万kWhくらい消費しています。この事業場ではこの3ヶ月の燃料費調整単価の変動だけで、電気代が75万円も増える計算になります。
ちなみに今年の5月からの再エネ賦課金は、3.36円/kWhです。この事業場の1月の負担は168万円となります。

化石燃料や再生エネルギーに頼った電力供給なのでやむを得ないと思いますが、これから、ますます、脱酸素社会を目指していくので電気代は安くなることはないでしょう。
巷では、ちょうど選挙でどの政党も成長と分配を唱えていますが、成長のためには、安くて安定した電力を供給できるよう真剣にエネルギー政策を考えてほしいと思います。

水力発電所の取水口

先日伺った水力発電所の取水口です。

20211012-1_20211012153857b4c.jpg

↑清らかな源流です。小さな滝が連なっています。

↓取水口

20211012-2.jpg

元々あった農業用水の取水口です。
川に小石を並べて導水しています。

20211012-3.jpg

↑こちらはちょっと発電所ぽくなりました。水路兼沈砂池と取水バルブです。
ここから発電所まで導水管で結ばれています。

ちょっとした水量の沢でも落差がある程度あれば結構な発電ができます。
同じ自然エネルギーでも山や丘を破壊し、将来産廃の山となるであろう太陽光パネルと比べると、ずっと自然に優しいですね。というより自然と一体化しています。
ここは、もともとあった農業用水の利用ですから、発電に利用された水は農業用水に返されます。

水力発電は季節的な水量の変動と土砂災害の影響は受けやすいですが、安定した発電が期待できます。

監督省庁は自然環境を破壊する太陽光発電より水力発電の優遇策と水力エネルギーの開発に力を入れるべきと思います。

インターネット共有

月次点検報告書はエクセルで作成していますが、データーはOneDriveのフォルダに保存しています。

現場で使用するノートパソコンは携帯回線に接続されていないので、データーのダウンロードと保存は、スマホの「インターネット共有」機能を利用しています。

スマホのインターネットの共有設定↓

20211011-1.jpg

ノートパソコン画面でWiFiに接続されたことを確認してダウンロードと保存を行います。

20211011-2.jpg

↑wifi接続のアイコン

インターネットに接続されていない状態ではoneDriveに保存されないので、保存したと勘違いすると悲惨なことになります。
せっかく入力したデーターがOneDriveから消えてしまうことがあります。
最悪を想定して、ノートパソコンのデーターは消さないように気をつけています。

でもOneDriveのおかげでデーターの移動が簡単になりました。
本当はもっとクラウドに保存したいデーターはあるのですが、データーを扱うのは自分一人だけですから必要性は低いです。
現場で閲覧するために必要なデーターを一部保存してありますが。・・・

本来の使用目的とは若干異なると思いますが我々ではこの程度の活用です。

里芋の収穫

今日の収穫です。

20211010-2.jpg

里芋とサツマイモとショウガです。
このところほとんど降水がなく、畑はカリカリですが、芋類は大丈夫です。

20211010-1.jpg

こちらはミニトマトとキウリです。
ミニトマトはもうほとんど終わりです。
キウリは秋蒔きのもので今日が初めての収穫です。こちらは雨不足で成長が遅れています。

出迎え方式の受電設備

こちらの事業場の受電は出迎え方式です。

202101006-1.jpg

電力会社の電柱からGABを通して受電しています。
GABにはヒューズと地絡継電器が設置されており、受電ケーブル事故時はこのGABにて事故除去ができます。

↓引込線の引き留め

20211006-2.jpg

電力会社引込線とケーブルの接続部が電力会社との責任分界点になります。

ただ、電力会社では、今後、出迎え方式の事業場向けの気中開閉器は、保護装置なしとする方針に変更されたので、この事業場でも高圧ケーブル事故時波及事故となります。(構内の受電LBS以降の事故については、別のGRにより除去するようになっている)
ちょうどこの事業場の高圧ケーブルも20年の経年なので、お客様にはケーブルの取替と合わせ新たにSOGを設置するよう改修を提案しました。

活線でのメガー測定

先日の年次点検で、絶縁が低かった回路のIorを測定し、活線でのメガー測定をしました。

20211004-5.jpg

年次点検のメガー測定値は0.02MΩでした。

Iorリークテスターでの測定値は

20211004-6.jpg

Ior0.43mA、絶縁抵抗は0.047MΩでした。
直流のメガー測定値とIor測定値からの交流抵抗値の値には差がありますが、それなりに計算値は合っています。
不良箇所は停電点検時、ある程度特定できているので、今月計画されている機器の点検工事にて修理予定です。

変圧器のIor測定

月次点検では、各変圧器のB種接地線のIo測定と絶縁監視装置のIor測定により絶縁の管理を行っています。
その他、年に2度程度、IorリークテスターによりIor測定を実施し、絶縁監視装置のIor測定値の確認をしています。

今月は、Iorの測定月としているので、今月は各事業場のIor測定を行っています。

20211004-2.jpg

↓月次点検に使うクランプメーターとの比較

20211004-1.jpg

↓絶縁監視装置測定値との比較

20211004-3.jpg

それぞれの測定値の差はほとんどありません。
絶縁監視装置のIorはテストボタンにて計測しているので若干、時間差により誤差が発生することがあります。

絶縁監視装置は据付け時のみの校正ですが、校正されたIorリークテスターでの定期的な確認により、月次点検はIo測定と絶縁監視装置測定値にてIor管理が可能です。

↓ 月次点検記録

20211004-4.jpg

今回データーはIorリークテスターの測定値。先月データーはIoクランプメーターと絶監のIor測定値です。

紅はるか

サツマイモを収穫しました。

20210929-1.jpg

2株ほど掘り起こしました。
今年は、モグラやネズミに囓られる被害はありませんでした。

20210929-2.jpg

泥を落とすと鮮やかな赤紫色になりました。

品種は「紅はるか」です。サツマイモには紅なんとかっていう品種は色々ありますが、皆、なかなかいいネーミングです。

ふかして食べましたが、ねっとり系で甘いです。焼き芋にいいかも・・・・

うってかわって・・・

うってかわって今日は朝から爽やかな秋晴れです。・・・
昨日の年次点検に使った試験器類を天日干しで乾燥させました。

20210927.jpg

今日は忘れないうちに点検報告書を作成するつもりです。

こまわり君

最近購入した折りたたみ台車です。

20210926-2.jpg

年次点検などで重量物を移動させるときに使う予定です。
最大積載荷重は100kgです。

20210926-3.jpg

取っ手を収納した状態でも使用できます。
実はこの夏、我が家でエアコンを取り付けたとき、工事屋さんがこの台車に室外機を載せて移動しているのを見て購入しました。

折りたたみ時の寸法や重量も小さいので、こちらも小回りがきくと思います。
ただし車輪が小さいので、砂利や砂地では扱いにくいと思います。


Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR