FC2ブログ

Latest Entries

OHM電機のマイクロスイッチ?「OHM」の神対応!

先日、養鶏場のお客様でニワトリに餌を供給する装置にトラブルがあり調査に行きました。
ニワトリは生き物ですから決められた時間に餌をやらないと死んでしまいます。・・・・・重要な設備です。

調べたら、原因はこちらでした。

20180921.jpg

餌のタンクの満杯を検知して供給を止めるためのマイクロスイッチです。
お客様と相談して、マイクロスイッチを取り替えることにしました。
マイクロスイッチのカバーに「OHM」の表示があったので、「あれ?OHM電機ってマイクロスイッチなんて作っていたかしら?」と思いつつ、メーカーのホームページから問い合せてみました。
数分で返答がありました。
マイクロスイッチは別メーカー、絶縁カバーのみOHM製品との返答。ご丁寧にマイクロスイッチのメーカーのサイトも貼り付けてありました。
絶縁カバーについて再度問い合せると、こちらも数分後に現行品であり、オンラインショップで入手可能との返答がありました。
20年も前の設備だったので心配していましたが一気に解決できました。
今まで、似たような問い合わせは何回もしたことがありますが、なかなか時間がかかり、どのメーカーも満足いく対応はそんなにありませんでした。
今回は「OHM電機」の神対応?に感謝です。ありがとうございました。

ダムの受電設備の耐圧試験

今日は、中央アルプスの山中にある、ダムへ行ってきました。ダムの受電用開閉器の更新に伴う耐圧試験を依頼されたためです。

20180918-1.jpg

ダムは洪水吐ゲートが全開されておりダムの水位は0mでした。
本当はひと月前に計画されていた作業でしたが、8月中旬の大雨で、林道が寸断され今日まで延長されました。
今でも、ここまで来るまでに崩落個所や落石個所が何か所もあり、一応、車は通れるようにはなっていましたがちょっと怖かったです。
電力会社の車に先導され、施錠されたゲートを通り抜けて、ここまで来ました。
ダムの水位が低いのも、水害のせいかしら?

20180918-2.jpg

更新する開閉器は、SOG1台とAS2台でした。
この地点が標高995mプラスαmで開閉器は柱上設置なので、確認していませんが・・・一般仕様の常規使用状態は標高1000m以下なので、厳密にいうとちょっと微妙な設置条件です・・・・。

写真は耐圧試験の様子です。3台の機器を一括にて行いました。

20180918-3.jpg

こちらはDGRの試験の様子です。使用箇所が普通の自家用設備と異なるので、整定値はちょっと違いました。お客様の指示による整定値にて試験を実施しました。

全然、安全といえる場所ではなかったので、天気が雨でなくて良かったです・・・・。

8月の発電実績(H30)

今年の8月は、台風が8個発生したそうで、ち5個が日本に影響を及ぼしたそうです。

我家の太陽光の発電実績を見ても、16日ごろの落ち込みは逆走台風の15号、24日ごろは20号の影響で日照が少なかったです。
それ以外はまずまずの天気でした。

20180907-1.jpg

連日、猛暑日に近い気温の日が続き、発電効率に大きく影響していると思われます。

8月の総発電量は600kWhには足りませんでしたが、8月としては多いほうです。

20180907-2.jpg

9月に入って涼しくはなってきましたが、まだまだ、屋外作業では汗だくになってしまいます。
早く涼しくなってほしいものです。・・・・・

ポーダブル電源

今回、我家の停電は、夕方から翌日午後まで20時間継続しました。
一晩停電したわけですが活躍したのはポーダブル電源です。

20180908-2.jpg

継電器試験用に装備している正弦波のポーダブル電源です。
音がでないので夜でも気を遣わず使えます。
取説には、消費電力900W時満充電にて13分使用可能、20Wで8時間、40Wで4時間・・・・と記載してあります。

今回は満充電で保管してあったので、停電になってLEDの作業灯を点灯し、扇風機を弱で回し、携帯やスマホを充電しました。
テレビを見たかったのですが、アンテナ電源が屋根裏だったのでアウトでした。仕方ないので、ポーダブルテレビ(古いカーナビ)を見てみましたが、ワンセグなのであまり役に立ちませんでした。

夜はそんなに遅くまで起きていなかったので、使った容量は2/5くらいでした。

翌日は晴れていたので、太陽光発電の自立運転にて充電し、夜に備えました。

20180908-3.jpg

自立運転は今回初めて使ってみました。15A出力します。ポーダブル電源と電話やパソコンに使用しているUPSを充電しました。
UPSは朝にはダウンしていたのであまり持ちがよくないです。これがダウンすると電話機、光通信、インターネット、LANなどが使えなくなるので、長時間停電では、対策が必要です。

結果的には15時に通電したので、せっかく充電したポーダブル電源もあまり使わなかったですが、ポーダブル電源と太陽光自立電源を使えば、長時間停電でも照明とUPS充電くらいならなんとか行けそうです。

今回はやりませんでしたが、商売柄のインバーター発電機やPHVの外部給電なども燃料さえあれば湯沸かし、電子レンジ、冷蔵庫などの非常用電源になります。試験用に所持している2kVAの100/200V昇圧トランスを利用すればエコキュートは無理でもIHヒーターには使えると思います。

現代では電気のない生活は考えられないので、長期停電時の電気の自給自足に対する備えも大切と思います。・・・
まだまだいろいろな課題がありますが、今回の台風による停電は良い訓練になりました。

台風一過

昨日は、この地方も台風21号の影響で夕方から暴風雨となりました。
夕方からは、各所で停電が発生し、メール通報や電話対応に追われました。
我家も19時過ぎに某所の停電通報とともに停電してしまいました。
ちなみに我が家の通電は今日の15時過ぎでした。・・・・(涙)

昨夜は、大雨・洪水・暴風警報が発令され、とても外へ出られる状態ではありませんでした。
夜が明けて、我が家の被害状況を調べてみると、テラスの波トタンが何枚か飛ばされ、桃の木が1本根こそぎ倒れ、庭先のアコーディオン扉が変形してしまいました。やはり25年ぶりの強風だったようです。

後始末もそこそこに、7時過ぎにはお客様の事業場へ向かいました。
まず、停電が継続している、非常用発電機のある福祉施設へ向かいました。
1ケ所目は、発電機が燃料切れで、周波数低下で停止していました。とりあえず警報復旧だけして、お客様には燃料の補給をお願いし次の事業場へ・・・・。
次の事業場は、過去に大雪の倒木で長時間停電した実績があったので、今回は、伺った時、丁度、お客様が燃料を補給しているところでした。

そんな時、早朝通電したお客様から電話が・・・・
「停電は復旧し、電灯は点くが動力が動かない・・・・」とのこと。こちらも老人施設です。
早速、急行。到着したのが9時30分ごろです。
すでに工事屋さんは見えていて、原因は受電用の第1柱開閉器(AOG)の1線が抜けて高圧側で欠相しているとのこと。

見ると、第1柱の配電線引き止め部から電線がぶらぶらの状態でした。

20180905.jpg

中相の配電線とAOGを結ぶ電線がAOGの端子から抜け出ていました。

修理するには、電力会社の分岐ASを開く必要があります。ところが、今日はいたる所で停電事故が発生していて、電力会社の係員は大忙しです。この状況では直ちに処置する必要があるので何とか頼み込んで、30分後には開閉器を開いてもらいました。

接続作業は簡単に終わり、午前中には復旧は完了しました。

原因は、締め付け不足もあるかもしれませんが、電線が強風に繰り返し、あおわれゆるみができて抜け落ちたと思われます。
健全な2相についても増し締めしてもらいましたが、異常な強風による特異な事故と思います。

そのほかにも他の事業場では、電気関係以外では、構内の樹木が倒れたり、工場の屋根がめくれ上がったり、窓ガラスが割れたり、かなりの被害が見受けられました。

我家と同時に停電、通電した事業場では、レストランや売店のため、今日は臨時休業だったと店長が嘆いて見えました。売上はともかく冷蔵や冷凍の食材や商品はOUTですからきついですよね・・・。

今日は、公私ともども大忙しで、ぐったりです。でも今日やるべきことは大体済みました。早く寝ます・・・・。

コウモリが分電盤に侵入

先日の年次点検で、分電盤を点検した時、異臭がしたのでちょっとヤバいなと思いましたが・・・・
案の定、盤内に小さなコウモリが引かかっていました。

20180825-3.jpg

過去に10匹くらい入っていたことがあったので、簡易的に紙屑をケーブルの隙間に詰め込んでおいたら、最近しばらく侵入はありませんでしたが今回は久しぶりに2匹入っていました。

コウモリはほんのちょっとした隙間でも侵入するとのことですが、この盤は壁埋め込みの古い盤で、壁埋設の予備電線管か電線管の電線の隙間からでも侵入しているのではと想像します。
配線の入り口がケーブルや電線で隠れて見えないので、隙間の点検、閉塞は配線やケーブルを一旦、外さないとできない状態です。
お客様には、別途、工事業者に調査、対策をしていただくようお願いしました。

小動物対策

先月の月次点検に伺ったとき、ケーブル工事後のピットの補修がしてなく大きな開口部ができていました。

20180825-2.jpg

このピットからキュービクルのケーブルダクトに繋がっているので、これだけの隙間があるとヘビやネズミはフリーパスです。

工事施工時には業者さんにはお願いしていたのですが・・・・


お客様より、再度、工事業者に隙間の閉塞を指示してもらうようお願いしました。

今月の点検に伺うと、お客様自身で補修したので確認してほしいとのことでした。

20180825-1.jpg

モルタルでしっかり塞いでありました。
これだけしていただければ蛇もネズミも入れません。

ここまでが工事範囲のはずと思いますが、工事屋さんんもメイン工事が済めば腰が重くなるようです。
お客様の素早い対応に感謝です。

直流電圧電流発生器の校正

知人に頼まれて、アドバンテストの直流電圧電流発生器の校正試験を行いました。

20180823-1.jpg

↑ 20mAを測定

20180823-2.jpg

↑5Vを測定。

某オークションで入手したとのことでしたが、誤差はほとんどありませんでした。
まだまだ、十分使えそうです。

続きを読む

サマーコンサート

今日は、所属する楽団のサマーコンサートが開催され、参加しました。

20180818-2.jpg

今年で48回目です。
毎年1回ですから48年目のコンサートです。

20180818.jpg

↑リハ-サル中

東京オリンピックの年で50回となります。
そこまで元気にやれるといいのですが・・・・・。

RPRの試験

世間は夏休みの時期ですが、今日、こちとらは、夏休み中の小学校の年次点検でした。

この事業場は、小規模の太陽光発電設備と蓄電設備があるので電力の逆流防止用に逆電力リレーが設置されています。
昨年もこのブログで紹介しましたが、逆電力リレーの試験について再度紹介します。

リレーはオムロン製です。

リレーの接続回路↓

20180814-7.jpg

試験回路↓

20180814-8.jpg

試験の様子↓

20180814-5.jpg

試験回路に基づき、TTより単相にて電圧を印加しました。

試験器はSOUKOUのDGR試験機を使用しました。

20180814-3.jpg

電圧はともかく、試験電流は微小なので、自作のアダプタを介して外部に電圧計と電流計を接続しました。

20180814-4.jpg

試験は単相で行うので、三相電力を単相電力に換算した電流で動作確認を行いました。

20180814-9.jpg

動作電流は上の図のように位相を±30°ずらし位相特性を測定しました。
ここの整定値はずっと小さいので、試験電流も本当に微小でしたが、この試験器とデジタル電流計で無事実施できました。
1年ぶりなので、試験方法を忘れていて、ちょっと手間取りました。
又、来年になると忘れてしまうので、その時はこのブログを見て思い出す予定です。・・・・

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR