FC2ブログ

Entries

簡易リレーテスター

某オークションで古い簡易リレーテスターを入手しました。タイマーで設定した時間、切り替えスイッチで設定した電流が流れる装置です。入手の目的はOCRの連動試験用です。今日は校正試験と実機の動作確認試験を行いました。↑10A設定時の出力電流です。9.4Aでした。設定値より若干低い電流でした。他の設定値も同様に若干低い値となりました。↓タイマーの確認0.5秒設定にて動作時間は530msecと若干長い時間でした。こちらはタイ...

SOGの過電流蓄勢トリップ動作試験(SO動作試験)

以前、引退された先輩の電気管理技術者から手作りの「過電流蓄勢トリップ動作試験器」をいただいていたので、この試験器を使ってSO動作試験を行ってみました。エナジーサポート社の取説にてSO動作試験の方法は下記のとおりです。↓試験器↓試験用配線試験回路図のようにGRのP1,P2とVb,Vcの端子に試験用配線をしました。試験器にはAC100Vの電源を接続します。試験は、電源スイッチを入れ、スタートボタンを押すと、上の取説のSW1とSW2...

誘導円盤型過電流継電器

昨日の年次点検の応援作業で誘導円盤型の過電流継電器の試験をしました。過電流継電器は非常用ディーゼル発電機の保護用です。引出形の継電器です。盤から抜き出して単体で試験を行いました。誘導円盤型の継電器は時限測定では、円盤が完全に戻った状態を確認してから行わないと時間に誤差が出てしまいます。最近あまり見かけないので動画を撮影してみました。→クリックでご覧ください。→こちら...

GR試験器のカウンター不良?

一昨日の年次点検で、第一柱のGR試験を行いましたが、GR試験器のカウンターが点灯せず時間測定ができませんでした。今日、単体の動作確認をしてみました。この状態です。再現できました。通常電源オンでカウンターが表示されるのですが表示されません。カウンターのON,OFFも動作しません。でも、この状態になったり正常状態になったりします。コネクターはどうも問題なさそうです。ケースの側面に衝撃を与えると何かの拍子に再現す...

GR試験器の慣性試験時限を測ってみた

夕べは、管理技術者仲間と近くの温泉で一杯飲んだので今日は朝帰りでした。仲間との話の中で、GR試験器の慣性試験の出力時間について話題になったので、帰ってから確認することとしました。JISによるGR,DGRの慣性特性試験では、下記の試験で継電器は動作してはならないと定められています。GR:継電器の定格動作電流値に整定し、整定電流値の400%電流を急激に50msの間通電して継電器の状況を調べる。DGR:継電器の整定電流・電圧...

放射温度計の動作確認試験

今日は放射温度計の動作確認試験を行いました。試験器はこちらです。表面温度を調節できる試験用のホットプレートです。60℃に設定しました。ワンポイントの確認です。絆創膏みたいに貼ってあるのは黒体テープです。確認を行った放射温度計はこちら左からFLIRのスマホ用の熱画像センサー「FLIR ONE PRO」、横河のD:S=50:1の放射温度計、FLIRのサーマルイメージ放射温度計「TG165」こちらは24:1、一番右はHIOKIの放射温度計「3445」...

温湿度計の動作確認

最近点検用の温湿度計を更新したので、動作確認を行いました。ペンタイプが今回購入したものです。所持する別の温湿度計と水銀標準温度計の指示と比べてみました。いずれも校正されていませんので何が本当かわかりませんが、感じとしてはこんなものでしょう。・・・...

クランプメーターの校正試験

昨年は、クランプメーターの校正試験は、やらずじまいで済んでしまいましたが、今年はしっかりやりました。↑趣味?のクランプメーター並べてみるとたくさんあります。処分したのもありますが、新しく増えた分もありますので・・・・・手前の左のクランプメーターは最近購入しましたがあまり使い勝手は良くなかったです。手前4つ目の昔ながらのクランプメーターが一番使いやすいです。H社の折り畳みでも手前二つ目はよく使います。3...

試験器の校正試験

先週から今週にかけてリレー試験器の校正試験を実施しました。↑GR試験器の電流計校正試験↑GDVE試験器の時間計の校正↑カウンタ校正装置の校正試験↑DGR試験器の位相計の校正試験試験器の電流計や電圧計の指示は、はなかなか安定しないので手間がかかりました。...

メガー校正用の抵抗器

高圧メガーの校正試験は、過去に某オークションで入手した高圧高抵抗器を組み合わせて使用しています。↑高圧メガーの100GΩの校正試験↓使用している抵抗器上から5GΩ×20個→100GΩ1GΩ×10個→10GΩ500MΩ×10個→5GΩ1MΩ~200MΩ×12個の組合せ5GΩの抵抗器は校正できる測定器が無いので、校正は社外校正になります。1GΩ以下は所有する校正済みのマルチメーターで校正できます。今回、低抵抗用に1MΩから200MΩまでの抵抗器を12個組合せたものを...

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR