FC2ブログ

Entries

デジタルマルチメーター社外校正完了

年が明けてすぐメーカーに校正を依頼していた、デジタルマルチメーターが返ってきました。今年は大雪の影響もあっていつもより数日遅い到着です。このデジタルマルチメーターは、私が使用する計測器のほとんどが校正できるので、毎年メーカーに依頼して校正しています。今日は早速メガー校正用の標準抵抗器の校正試験を行いました。↓Mインテックの標準抵抗器Y河のダイヤル式標準抵抗器いずれも校正値は許容範囲内でした。順次、こ...

車載インバーター更新

継電器試験用の車載インバーターを1.5kWから3kWのものに取り替えました。もともと、1.5kWでは試験器の容量として不足しているので、瞬時要素の試験はちょっと心配でした。最近も試験中に内蔵ヒューズが溶断したことがあり、メーカー返送修理をしたばかりです。試験中に故障してしまうと影響が大きいので、今回、容量の大きなものに取り替えました。試験器の取説では、電源容量は2.5kVA以上を推奨しているので3kWのものを採用しま...

GR活線試験用配線

今日の午前は、お客様のキュービクル内の低圧回路の改造工事があり停電操作と作業場の引き渡し、および完了確認のため現場へ出動しました。停電は第1柱のPASで開放しました。キュービクルにて接地取り付けし、工事会社に作業を開始してもらいました。停電時間があったので、第1柱GRの試験用配線を取り付けました。ここのGRは地上高が高く、試験器のワニ口取り付け作業が危険作業になるので、試験用配線を取り付けています。今日取...

クランプメーターの誤差

先日、お客様の分電盤で電流測定をしたところ、0.3Aくらい流れるはずの一つの回路の電流がゼロでした。負荷設備に異常があると判断し、今日は調査に出向きました。最初に確認のため別のクランプメータでも電流を測定してみました。右が先日使用したクランプメーターです。指示値は先日と同じゼロです。別のクランプメーターで測定したら0.3A流れていました。負荷も問題ありませんでした。何気なく使用したクランプメーターの指示が...

温湿度計の校正試験

昨日に引き続き、今日は温湿度計の校正試験です。温度計はワンポイントのみ室温で放置し、標準温度計の指示との比較です。安定した状態で比較しました。だいたい合っているのでOKとします。標準温度計は水銀温度計ですが、0.1℃刻みの目盛りなのでかなり正確と思います。湿度は温度計に付属していた校正器を使用しました。↓33%の校正器にて試験。33%ピッタリの表示でした。取説では31.5~34.5%の間にあれば精度内ということで...

温度計の試験

今日は所有する温度計の測定試験を行いました。方法は↓試験用のホットプレートを用い、プレートの温度を何ポイントかで温度を保ち温度計で表面温度を測定しました。プレートの測温ケ所には黒体テープが貼り付けてあります。プレート温度60℃にての測定試験Y社の放射温度計(D:S=50:1)↓F社のサーマルイメージ温度計(24:1)↓F社のアイホン用のサーモセンサー(FLIR One)↓(A社のサーモショット↓(160×120画素)いずれの温度計も60℃の...

クランプメーターの校正試験

昨日は仲間の電気管理技術者との新年会でした。飲みすぎか、歌いすぎか、エアコンの効きすぎか、今朝は喉が痛いです。今朝は会場のホテルから朝帰りです。気持ち良い晴天です。今年は周りの山に雪はありませんでした。帰宅してから残りの計測器の校正試験を行いました。↓クランプメーターのmAレンジの校正電流発生器でmAを発生させ、デジタルマルチメーターで校正しました。マルチメーターの指示は例のUSBカメラでタブレットに表...

位相特性試験器の校正試験

昨日、今日とDGR試験用の位相特性試験器や地絡継電器試験器の校正試験を行いました。この位相特性試験器は位相計の校正が厄介です。標準位相計とユニバーサルカウンターの位相測定モードにて試験器の位相計を校正しました。試験器の電流極性が逆なので接続は極性を逆に接続しています。電圧要素の校正↓試験器の電圧出力をデジタルマルチメーターで測定しました。電流出力も同様に校正試験を行いました。GR試験器のカウンターの校正...

カウンタ校正装置の校正試験

継電器試験器のカウンターの校正用としてカウンタ校正装置を使用していますが、今回はカウンター校正装置の校正を行いました。校正装置はユニバーサルカウンタのパルス巾測定機能にて校正。↓校正器出力はステータス出力、状態出力(電圧)です。校正装置の設定時間のみ電圧出力します。あわせて、ミリセコンドカウンターの校正実施。↓インターバル測定。↑電圧スタート入力DC20V、ストップ信号常時開接点。ステータス測定。↑状態出...

メガーと接地抵抗計の校正試験

今日はメガーと接地抵抗計の校正試験を行いました。いずれも技術基準で判定値が定められていますので、計測器は適正に維持管理される必要があります。毎年の校正試験では計測器の許容値範囲内にあることを確認しています。メガーの校正試験↓デジタルメガーでは先日校正した標準抵抗器の抵抗値を測定するだけなので簡単です。アナログ式ではダイヤル抵抗器も使用し、指定の指針値の抵抗値を読み取って校正値としています。最近では...

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR