fc2ブログ

Entries

構内柱支線断線

今日、月次点検に伺ったお客様です。構内柱を点検すると、線が1本垂れ下がっています。
IMGP9103.jpg
よく見ると支線のワイヤーが切れてブレついているようです。
しかもワイヤーは電力線に載っています。
支線の切れた先を探すと林の中にありました。
IMGP9107.jpg
玉碍子に錆びたワイヤーが付いています。
電柱に残ったワイヤも地上に落下したワイヤ-も端末が巻き付けグリップでなくワイヤークリップで締付けてありました。
恐らくワイヤーが錆びて痩せてクリップが抜け落ち、断線したと思われます。巻き付けグリップ施工をしていない支線の設計不良も一つの原因です。

構内柱には電力線や電力ケーブルがたくさん架線されています。お客様には強風時の風圧荷重で電柱の傾きや倒壊の恐れがあることを説明し、早急に支線を張り替えるようお願いしました。
今日はこんな事があったので、第1柱を含め何本かある構内柱の支線を重点的に点検しました。結果、この事案以外に2件の不具合が発見できました。こちらも合わせて改修をお願いしました。
この事業場は構内配電線があり、かなり経年劣化しているので注意して点検してますが、不具合が早く発見できてよかったです。
この事業場は毎月点検ですが、隔月点検だと台風シーズンまで気付かないで過ごす可能性もありました。単に点数削減だけで点検頻度を決めるのではなく、事業場の状況に応じた点検頻度とする必要があると再認識しました。
ちなみにこのお客様の点検頻度は毎月1回ですが、漏電監視のため常時監視装置は設置させていただいています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR