FC2ブログ

Entries

クランプメーターの校正試験

今日は朝から雨です。この時間で降り始めから49mmの降水量です。明日も雨の予想なのでまだまだ降りそうです。
おかげで今日は骨休み・・・・とはいかず・・・残っていた校正試験を続けました。
今日はクランプメーターです。
電流発生器で電流を発生させ基準マルチメーターで基準電流に調整し、クランプメーターの表示値を読み取ります。
IMGP0216.jpg
まとめて試験をしようと準備してみましたが、結局一台ずつのほうが効率的でした。
まずはmA計系統です。こちらは漏洩電流の判定の基準となるのでちょっと慎重に行いました。
IMGP0220-2.jpg
大きな電流は10ターンのコイルを繋いで10倍の電流としました。35Aまで流し350Aまでの校正を行いました。
フルークのマルチメーターでは10Aまでしか測定できないので、大電流が計測できるHIOKIのパワーメーターを使用しました。
写真は25A流して250Aの校正値を測定しているところです。
まだまだあります。
IMGP0228.jpg
試験をしていると測定条件によってばらつきが大きいものがありました。ロゴスキー方式のものは電流線の位置や角度により測定値がかなり変わりました。メーカーで校正すればすべて合格で返送されてくるだろうが、実際自分でやってみると計測器の癖みたいなものがわかります。
クランプメーターの測定値はあまりシビアな場面では使用しないので、それほど神経質になる必要はありませんが許容値内にあることが確認できていれば安心して使用できます。
↓今日試験したクランプメーター
IMGP0233-2.jpg
沢山ありましたが予備も含めそれぞれ用途があるのでみな必要なものです。
よく使う計器は
①共立の40φの400mAと400Aが測定できるもの。一台で広い範囲測定できオールマイティです。ただ400mA以上の洩れ電流が測れないのでその場合別のメーターが必要になります。
②HIOKIのIorが測定できるもの。漏洩電流はIor管理しているので必須です。測定の精度も高く信頼性があります。
③HIOKIの折りたたみのもの。これはクランプ部の形状が細く、ケーブル間隔の狭いところも潜り込めるので便利です。
以上3台は月次点検で現場まで担いで行っています。
以下は必要時使っています。(点検車には積んでいます)
④マルチの高圧電流計。これも高圧電流の測定や、変圧器の二次電流が高圧電線の向こう側にある時など便利です。
⑤横河の54.5と68mmの口径の大きいもの。変圧器の二次側の電線がダブルで接続されるなど40mmの口径が入らない時使います。68mmのものは洩れ電流も測れるので太いケーブルの三相一括クランプが可能です。
⑥HIOKIの大口径とIoクランプメーターは予備みたいなもので普通あまり稼働していません。大口径のものはDCレンジがあるので太陽光の点検には使用しています。
⑦SOUKOUのロゴスキー方式のものはほとんど使用していません。フレキで152φもあるので太いケーブルの三相一括クランプによる漏洩電流やブスバーなどの電流測定に使おうと購入しました。
⑧横河の24φのもの。40Aと300Aの直流と交流が測定できます。バッテリーの充電電流やEGのヒーター電流測定として点検バッグにいつも入れています。でもあまり使わないのでいざという時ボタン電池切れっていうときが時々あります。


日置電機 Iorリークハイテスタ 3355-00

日置電機 Iorリークハイテスタ 3355-00
価格:107,460円(税込、送料込)


日置電機 HIOKI クランプオンハイテスタ 3291-50

日置電機 HIOKI クランプオンハイテスタ 3291-50
価格:14,359円(税込、送料別)


横河M&I リーククランプテスタ CL360

横河M&I リーククランプテスタ CL360
価格:49,356円(税込、送料別)





↓この辺のクランプメーターが欲しいですが・・・・これ以上クランプメーターは持てません。
HIOKI(日置電機) CM4373 AC/DCクランプメータ

HIOKI(日置電機) CM4373 AC/DCクランプメータ
価格:35,964円(税込、送料込)


HIOKI(日置電機) CM4371 AC/DCクランプメータ

HIOKI(日置電機) CM4371 AC/DCクランプメータ
価格:34,020円(税込、送料込)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR