FC2ブログ

Entries

過熱箇所点検

7月の月次点検は過熱箇所の点検を重点的に実施しています。

早速、先日紹介したFLIR ONEが活躍しています。
IMGP1120.jpg
スマホに熱画像カメラを取付、サーモグラフィに早変わりです。
この画面では温度表示は中央のポイントのみです。カメラを動かせば過熱箇所の温度は大体把握できます。
IMGP1122.jpg
↑カメラケース。ストラップで首にかけています。コンパクトでセッティングも簡単でストレスは全くありません。
↓一つ難点はスマホにカバーを取付けているのですが、コネクターにカバーの厚みが干渉しカバーを付けたまま取付けできません。
IMGP1121.jpg
こんな感じです。カバーを半ケツにしないと取付けできません。・・・・・(汗)

ちょっと気なった過熱箇所です。
その場でFLIRTOOLのアプリで分析できます。
コンデンサーのLBSヒューズ各相温度です。絶対値、3相のバランスとも問題ありません。
flirone2.jpg
↓夏になると負荷が増え温度が上昇する変圧器です。
flirone1_20160708211603296.jpg
過熱箇所をサークルで指定し、最高温度のポイントと温度値を表示させました。
まだ、これから負荷が増えてくるので要注意です。

まだ使い方が分からないことが多いですが、画面も大きく、画像も見やすいので点検のサーモグラフィとしては十分使えると思いました。
又、パソコンなしでデーターが編集ができたり、スマホの通信機能を利用してのwifi印刷やメール、転送などスマホならでは機能も使えるので、ある意味専用機より便利かと思います。
スポンサーサイト



コメント

[C716]

いつも拝見し参考にさせてもらっております。

本日の記事の5枚目の画像「flirone1_20160708211603296.jpg」について気になるところがあります。
自分も日々の点検で他社製のサーモグラフィを使用していますが、変圧器の油面下の温度よりもブッシング周辺の温度が高くなっている事例は今までありませんでした。

仲間内で同様の画像と事態があり、その場合はブッシングの接触不良が原因だったとのことです。

測定器特性の違い等によるものでしたらご容赦ください。

[C717]

ブッシングの接触不良で過熱の実績がありますか。私の管理する変圧器で同様な現象の箇所が複数個所あります。過去に他の変圧器で停電時に内部を覗いて点検したことはありまますが、導体の接触不良までは分りませんでした。近々他の変圧器で同様な現象が起きている事業場の停電作業があるのでその時できればもう一度調べてみようと思います。情報ありがとうございました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR