FC2ブログ

Entries

太陽光発電による電気料金の低減

我が家の今月の検針も終わって12月分の電気代が確定しました。
下のグラフはこの一年の電気料金の推移です。
検針日は3日なので実質の電力はほぼ前月の使用実績です。

20161207.jpg

棒グラフは電力使用量です。赤い部分は太陽光発電で賄った分です。
使用したすべての電力を電力会社から購入したと仮定した金額が換算電気料金です。
今年の場合は、1月と2月を除き3月
以降はすべての月が売電料金が購入代金を上回っていました。

太陽光発電設備の償却費は、売電電力料金と発電のうち自家使用分の電力料金相当分の合計です。
現在での償却見込みは9年強で、東京オリンピックのころには償却完了予定です。
償却うんぬんより毎月のランニングコストが抑えられるのがありがたいです。太陽エネルギーに感謝です。
スポンサーサイト



コメント

[C757]

いつも楽しみに拝見しています。
我が家の発電自給率は昨年、99%でした。
自給率は、いかがでしたでしょうか?
  • 2016-12-11 20:49
  • でんきやさん
  • URL
  • 編集

[C758] 我が家の自給率

でんきやさんのお宅の自給率が99%とは高率ですね。発電容量が大きいですね?
我が家の場合は年間自給率=(総発電量)÷(総消費電力)として計算すると、60%です。深夜のエコキュートの消費量が大きいので、春から秋にかけては100%超えも多いですが、冬場は発電量が少なく、消費量が大きいので足を引っ張っています。
デイタイムに限って言えば天気さえよければ、冬場も含めほとんど太陽光が賄っています。
いずれにしても我が家の太陽光発電がエネルギーの自給に貢献していることが感じられます。国もメガソーラーでなく各家庭の電力自給を目指した、エネルギー政策を進めてほしいですね。
  • 2016-12-12 21:25
  • denkikanri3Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR