FC2ブログ

Entries

トップランナー変圧器の無負荷損(その4)

このネタ調べたら4回目でした。
某お客様の蓄熱式床暖房に使用している深夜電力用の150kVA受電変圧器です。

20170407-3.jpeg

なぜネタになるかというと、深夜電力受電なのに深夜時間帯タイマーが低圧側のお客様設備で制御し、キュービクルの変圧器は24時間充電されているという面白い?設備なのです。
通常高圧受電の深夜電力は高圧側に電力会社がタイマーと高圧開閉器を設け、契約時間帯のみ高圧電力を供給するのが普通だと思うが、ここでは電力会社の2時間帯メーターで計量し、深夜電力を計量します。深夜帯以外の電力はある比率以上の電力は通常の電気料金が請求されます。・・・・お客様のタイマーが狂ったら・・・・怖いことになります。
正確にいうと深夜電力契約ではなく、2時間帯契約といえます。某電力会社の営業所には苦情を言っているのですが・・・・・

明日が検針日なので、基本料金低減のため、今日、高圧受電のLBSを開放しました。
20170407-2.jpeg

2時間帯の電力量計を検針すると、この1か月の深夜帯以外の電力量は134kWhでした。
深夜電力は8Hにセットしてあるので、深夜帯以外は16時間です。深夜帯以外は変圧器の充電のみなので、無負荷損そのものになります。
無負荷損は134kwh/(31日×18H)=約240W となります。

↓トップランナー変圧器の無負荷損
20170407-4.jpeg

この変圧器は標準的な数値より効率がよさそうです。

昔の低損失型では↓のとおりです。
20170407-5.jpeg

トップランナーの倍以上です。

↓これほど古い設備もないことはありませんが、かなり損失が大きいです。
20170407-6_201704071804539bf.jpeg

停電前に実際の変圧器の電流を高圧クランプメーターで測ってみました。

20170407-1.jpeg

相により電流にばらつきがありましたが、平均値で計算すると270Wでした。こちらは、電力量計の240Wが正しいと思います。

4回目のこのネタも大して変わり映えがありませんでした。オソマツサマデシタ・・・
興味のある方は、このブログでトップランナー変圧器の無負荷損で過去記事を検索してみてください。
スポンサーサイト



コメント

[C813] 無負荷時の負荷損

私の受け持っている現場、冬のみ24時間150kW位の負荷、その他の季節は30kW位です。
力率改善は低圧コンデンサーが100kVA入っていて夏場の電気を使わないときでもトランスにはコンデンサの250A位常時流れています。
相当な負荷損と思うのですが、対策をすると費用がかかる、ケドお客様への説明がむずかしい。困っています。
  • 2017-04-08 13:09
  • 見習い中
  • URL
  • 編集

[C814]

低圧コンデンサも考え物ですね。250Aも流れていると、負荷損は1kW以上あるかもしれませんね。コンデンサーが簡単に入り切りできる回路を新たに設けても、電気代でペイできるような気がしますが・・・
  • 2017-04-09 11:30
  • denkikanri3Y
  • URL
  • 編集

[C815] 油入り標準変圧器の代表特性

古い変圧器の多い需要家の主任技術者です。題記のような資料は以前から探していたのですが、初めて拝見しました。可能なら全文掲載いただくか、出典を教えていただけないでしょうか。
  • 2017-04-11 17:43
  • からす
  • URL
  • 編集

[C816]

からす様
このブログのリンクにあるsogadenki.comの問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • 2017-04-11 21:17
  • denkikanri3Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR