FC2ブログ

Entries

キュービクル内の結露

今日は近頃にない良い天気で、朝から夕方まで雲一つない快晴でした。
恵那山もきれいに見えました。

20171121-1.jpeg

今朝はかなり低いところまで雪がありました。里での降雪もすぐです。

今日の午前は、仲間の管理する太陽光発電所2ケ所の年次点検の応援でした。
↓朝一に伺った発電所です。

20171121-3.jpeg

今朝は最低気温は-1℃くらいまで冷え込んでいました。

↓停電してキュービクルの内部を見ると

20171121-2.jpeg

天井に水滴がありました。
キュービクル内の空気が外気に冷やされ結露したものと思われます。

点検が終わるころにはぽかぽかと気温も上がり、水滴はほぼ乾いてしまいました。
太陽光発電所では日没後は、トランスも充電電流だけなのでキュービクル内温度も下がってしまうのでしょうね。
まして最近の変圧器はロスが少ないのでなおさらです。
たまたまこの条件で発見しましたが、日中では乾いてしまうので、冬の朝はいつもこんな状態と思われます。

仲間の管理技術者とは、結露による影響や結露対策について検討が必要だねと話しました。

太陽光発電所のキュービクルは早朝の点検も必要です。・・・・
スポンサーサイト



コメント

[C851] 結露対策

屋外にある分電盤などもそのような結露の例がありますが、地下から立ち上がっている電線管から湿気が昇ってくるということはありませんか?
私の所はネオシールでフタをしたら収まりましたが。
  • 2017-11-22 08:29
  • 終活中
  • URL
  • 編集

[C852] 結露防止

そう言われて思い出してみると、ケーブルの立ち上がりケ所がキュービクルの基礎を一部切り取ってケーブルピットとしてありました。普通の立ち上がりより空間が広いかもしれません。
担当の管理技術者にカバーを取り外して見て、空間があれば埋めるようアドバイスしてみます。ありがとうございました。
  • 2017-11-23 10:32
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR