FC2ブログ

Entries

太陽電池発電所変圧器過熱

先週末からの豪雨が大きな被害を及ぼしています。
私の住む市でも特別警戒が発令されました。隣接する市では、大きな災害が発生しました。
テレビの報道を見ていると大きな災害に胸が痛みます。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
又、被災地での電気管理技術者の皆様には大変お忙しいことと思いますが、安全に、早く復旧できることをお祈りします。

この地方でも大雨が続きましたが、昨日には梅雨明けが宣言され、真夏の暑さの昨日今日です。
今日の月次点検では、太陽電池発電所に伺いました。

20180710-2.jpg

完全な夏空です。
午前中ですが気温30℃、湿度70%と蒸し暑かったです。

毎年同じような画像ですが↓・・・・

20180710-3.jpg

発電所の運転状況はほぼフル出力運転です。
電流も定格電流に近い電流が流れています。

この事業場の過熱ポイントは定格運転に伴って温度上昇した変圧器です。

変圧器の表面温度は60℃ぐらいです。こちらは実績では午後になると70℃くらいまで上昇します。こちらについては過去ブログでも紹介しましたが、高温度の継続時間が数時間と短いので、変圧器に対して致命的な影響は少ないと思われます。
ただ、負荷電流により、二次側のブッシング付近の温度がかなり上がっていました。

20180710-1.jpg

最高温度が90℃近くまで上がっています。
午後になるともっと上昇すると思われます。
他の事業場でも同様な事象が発生したところがありますが、発電所では負荷を減らすわけにもいかず、変圧器にどのような影響があるか心配です。
ただ、こちらも負荷電流により左右されるので、一日の内の短時間の現象と思われますのでさほど心配することではないかもしれません。
いずれにしても、重点管理ポイントして注意してゆきたいと思います。

暑い時の点検は大変ですが、過熱個所の点検には好条件になります。・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR