FC2ブログ

Entries

ダムの受電設備の耐圧試験

今日は、中央アルプスの山中にある、ダムへ行ってきました。ダムの受電用開閉器の更新に伴う耐圧試験を依頼されたためです。

20180918-1.jpg

ダムは洪水吐ゲートが全開されておりダムの水位は0mでした。
本当はひと月前に計画されていた作業でしたが、8月中旬の大雨で、林道が寸断され今日まで延長されました。
今でも、ここまで来るまでに崩落個所や落石個所が何か所もあり、一応、車は通れるようにはなっていましたがちょっと怖かったです。
電力会社の車に先導され、施錠されたゲートを通り抜けて、ここまで来ました。
ダムの水位が低いのも、水害のせいかしら?

20180918-2.jpg

更新する開閉器は、SOG1台とAS2台でした。
この地点が標高995mプラスαmで開閉器は柱上設置なので、確認していませんが・・・一般仕様の常規使用状態は標高1000m以下なので、厳密にいうとちょっと微妙な設置条件です・・・・。

写真は耐圧試験の様子です。3台の機器を一括にて行いました。

20180918-3.jpg

こちらはDGRの試験の様子です。使用箇所が普通の自家用設備と異なるので、整定値はちょっと違いました。お客様の指示による整定値にて試験を実施しました。

全然、安全といえる場所ではなかったので、天気が雨でなくて良かったです・・・・。

スポンサーサイト

コメント

[C900]

私も公共の施設のダムをいくつか管理していますが
いずれも計装の非常用電源が主体であとは低圧
受電なので年に1度監査廊(ダムの堤体の中)に
はいって検査するぐらいです。写真と雰囲気は似てますが水の量が多いです。暑い時は計器室に涼み
にいきます(笑
  • 2018-09-21 18:33
  • 夜更かし大魔王
  • URL
  • 編集

[C901]

こちらのダムは、発電用のダムですが、かなり山奥にあるので、大雨があると土砂や流木が流入し、除去が大変とのことです。試験に伺った日は、ダムの作業か点検かでダムは空っぽでした。ダムが満水だと秋の紅葉のシーズンは、美しい景色になるとのことでした。
  • 2018-09-25 09:31
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR