FC2ブログ

Entries

G端子接地方式による高圧ケーブル劣化診断

今日の午後は仲間の電気管理技術者の応援をいただき受電設備の年次点検を実施しました。
毎年の受電ケーブルの絶縁抵抗測定は、G端子接地方式により実施しています。

測定回路図↓

20181031-4.jpg


20181031-2.jpg

この方法では、他の高圧機器が接続されていても、ケーブル単体の絶縁抵抗値に近い値を測定できます。

20181031-1.jpg


絶縁抵抗 5TΩ。絶縁抵抗計振切っています。ケーブルは2001年製。CVT38sq、70mほどです。
経年も20年経っていませんが、ケーブルの絶縁は全く問題ありませんでした。
ちなみに、キュービクル内の高圧機器も5000Vメガーで一括測定し9GΩでした。こちらも全く問題ありません。
天気のいい時の絶縁抵抗測定は気持ちいいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR