FC2ブログ

Entries

マキタ?の高圧メガー

こちらがマキタの高圧メガーです。
「え~っマキタのメガーがあるの~?」ってよく聞かれます。「マキタの新製品です」って答えています。(笑い)

20181113-1.jpg

角・角でよいデザインです。

作業車のラックに載せてもピッタリです。

20181113-4.jpg

実は、これはマキタの高圧メガーではなく、マキタの工具ケースにメガーを収納しました。

20181113-2.jpg

メガーはムサシの5000Vメガーですが、限られた時間の停電点検でこのちょっと大きめなメガーの扱いは邪魔くさいです。最近このメガーを使用する頻度が増えてきたので、リード線を付けたままゴッソリ収納できるケースはないかと探していました。
アルミケースや、工具箱、プラケースなどいろいろ探してみましたが、実際このように収納しようと思うと、メガーは小さいようですがケースは大きくなってしまい、実用的でなくなります。
このマキタの工具箱を見つけて試してみると、ぴったりでした。取っ手が上にあり、雑に収納しても中身がひっくり返らないのも高得点です。強度的には弱そうですが、無駄なく容積一杯まで使えます。ちょっと留め具が使いにくいのが難点ですが。・・・・




ところで、今日、紹介したかったのは、ケースではなく、こちらです。

20181113-3.jpg

メガー測定時間を計測するためのタイマーです。
このメガーは10GΩ測定できますが、抵抗値がじわじわ上がってゆくケースが多いので、30秒とか1分とか3分とか時間を切って測定しその時間データーも記録しておきたいのです。時間はカウントダウンではなく、カウントアップにて測定します。

百均のものでもよかったのですが、ムサシに敬意を表して某MONO〇AROで購入しました。というより田舎で百均が近くになくて通販のほうが早い?ので。

これはキッチンタイマーですが、探す時、種類の多さに驚きました。次は大きさです。メガーに貼り付けるのでなるべく小さめのものが良いのですが、製品の写真を見ただけでは大きさや厚みがわからないので「往生」しました。機能的にはカウントアップの時間が秒単位で測定できればOKです。

結局、メガーに貼れる大きさでなるべく薄型なものを探しました。あまり小さいと数字が読めないので・・・・・ あまり恰好は良くないですが機能重視ということで我慢です。・・・・

一般敵な高圧メガーは時間測定ができますが、こちらのメガーは中途半端な位置付けなのか時間が計れません。100円でできくるくらいの機能なのでメーカーでも考えてほしいです。

ということで、次回の年次点検から、より精度の高い絶縁抵抗測定ができます。・・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR