FC2ブログ

Entries

点検表のデマンド電力と更新月の算出

先日のエクセル点検表の続きです。
今回は点検表に表示する契約電力と更新月の算出方法です。

20190107-1.jpg

12月の点検表ですが、検針データーの最大電力はM12セルに入力してあります。
D12セルには12月を含めて過去12か月の最大電力の最大値、すなわち契約電力にあたる電力が表示されます。
G13セルには、その契約電力が更新された月が表示されています。

これも私にとってはかなり難しいテーマでした。

20190107-2.jpg

この表は過去12か月の各月の最大電力と使用電力を示しています。

AH77セルには、12月の最大電力が入ります。
=M13
AJ77セルは12月の使用電力量です。
=R13
AG77セルは検針月です。
=AG77

この辺は簡単ですが、
12か月前から1か月前までのデーター
AH66~AH76までのデーターをどうやって埋めるかです。

下の表は12月のひと月前の11月の同じ表です。

20190107-4.jpg

二つの表を比べてみるとよく分かると思いますが、

AH76セルには前月の検針データー(AH77)が入っています。
=INDIRECT($AG$2&"!AH77")

AH75セルには前月のAH76セルのデーター・・・・・・・・・
AH66セルには前月のAH67セルのデーター
というふうにひと月ずつずれてデーターが入ってゆき、この表には12か月前から今月までのデーターが埋まります。
月も使用電力量も同様です。

AH66からAH77の12の数値の最大値が過去12か月の最大値すなわち検針月現在の契約電力になります。(AH79セル)
又、その最大値の月が更新月となります。(AI79セル)

最大値を求めるのは簡単です。MAX関数を使います。(AH79)
=MAX(AH66:AH77)


次に最大値が出た月は、VLOOKUP関数で最大値の右の列(月)を求めます。(AI79)
=VLOOKUP(AH79,$AH$66:$AI$77,2,FALSE)

上記の2つの数値がD12とG13のセルに入っています。

今、気づいたんですが、この式では、最大電力が同じ値があった場合どうなるのでしょうか?
エラーになるのかな?
今まで、1回も問題は起きてなかったのですが、式の変更が必要のようです。

今日紹介した分も、エンドレスの表にするために苦労した点です。
今見直してみると、当時、検証しながら作成したようで、余分なセルがたくさんありました。もっとスッキリできると思います。

こちらも参考になればヒントにしてください。・・・・

ちなみにこの点検表に使用しているエクセルのバージョンはOffice2003です。点検用のパソコンにはEXCEL2003しか入っていないので、そのまま使っています。事務所用のパソコンは2016ですが互換性は全く問題ありません。・・・・
あっ、それから、この事業場は500kW以上なのでデマンド電=契約電力ではないのですが、点検表は同じなので突っ込まないでくださいね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR