FC2ブログ

Entries

直列リアクトルの温度測定

梅雨明け10日というが、今日も快晴で暑い一日でした。{/晴れ/}
今日伺ったお客様の直列リアクトルです。
1373486965.jpg
↓熱画像で見ると
1373487092.jpg
↓熱画像を分析しコイル表面の温度分布を調べました。
1373488173.jpg
65℃前後でバランスがとれています。

数年前ですが月次点検にてリアクトルの温度測定をしたところ、一相のみ極端に温度の高い相がありました。
異常と判断し、回路から切離しメーカーに返送しました。
メーカーにおいて解体調査を行なった結果、コイル巻線時の微細な傷に起因したレアショートからコイルの焼損に移行した事故と判明した。仮にこのまま放置すれば、コイル焼損により絶縁破壊し、地絡事故に発展するところでした。
↓メーカー報告書の写真
1373488803.jpg
この事故以来、月次点検では乾式のリアクトルは各相の温度を測定し、異常の無いことを確認しています。

このケースは冬場でしたが、季節にかかわらず機器の温度測定は重要な点検項目と考えてます。
そのためにもサーモグラフィは温度測定点検に非常に有効なツールです。

赤外線サーモグラフィー NECAvio F20

赤外線サーモグラフィー NECAvio F20
価格:219,450円(税込、送料別)

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/164-5abcf078

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR