FC2ブログ

Entries

2日連続高圧欠相事故発生

昨日に続いて今日も高圧欠相事故が発生しました。(涙

今日の午後、某事業場で第1柱取引用メーターのVCT取替工事が実施されました。
予定はお客様から連絡は受けていましたが、特に立ち合いはなしで実施していただいていました。
そんな中、工事業者のTネック社からの電話がありました。
VCT取替作業中にお客様の電力ケーブルとVCTに接続する電線が1相断線したとのこと。事務所からの電話で現場の詳細はよく分かりません。他の仕事は中止して現場へ向かいました。

現場で確認すると、電力ケーブルではなく、電力ケーブルとVCTと接続する電線の電力ケーブル側の圧縮端子から電線が抜け落ちていました。情報が輻輳して電力ケーブル側の不具合かと思いましたが幸い電線側の端子でした。

20190425-1.jpg

右が電線、左の圧縮端子に雨水が浸入し、凍結により圧縮部が拡張して電線が抜け落ちたようです。
電線と圧縮端子は外側に巻いた絶縁テープで固定されていただけで、VCT取替作業で電線をかまっただけで抜け落ちたということです。

電線は若干の余長があるので、不良部分をカットし新しい端子を取り付けて復旧可能判断し、近くの電気工事店に連絡したが他の現場で作業中とのことで、終了後に端子を探して赴くとのこと。
幸い端子の在庫があり30分後に到着しました。早速端子を加工し、電線完成。

20190425-2.jpg

後は、TネックにてケーブルとVCTとの接続作業を行いました。高所作業車なので簡単です。他の2相についても絶縁テープを剥がし、端子の状況を確認しましたが異常はありませんでした。
抜け落ちた端子は絶縁テープの処理の関係で雨水が浸入してしまったのでしょう。いずれにしても、通電中ではなく停電作業中に発見できたのが不幸中の幸いでした。
作業完了後5000Vメガーにて絶縁抵抗確認し、無事受電しました。
15:30ごろ断線し、すぐ連絡が入り、16:20現場到着、上記の作業を行い17:30には受電完了しました。待ち時間はありましたがスムーズに復旧できたと思います。

昨日の今日ですからちょっとお祓いでもしてもらったほうがいいかもしれません。

この地方は冬季はマイナス10℃くらいまで下がるほどの寒冷地ですから要注意です。過去に同様な不具合を何件か経験しています。
寒冷地では定期的な点検も考えないといけないかもしれません。テーピングも雨水が浸入しないようしっかり行うことも必要でしょうが20年保証というわけにはいかないでしょうね。・・・・
日常の点検でケーブルや電線の外観に異常はないか気を付けてみてゆきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

[C932]

いつも参考にさせていただきます。
この事象は、当方も3件経験があります。
全て、圧着不良でした。今回も電線に圧着痕がないようですが、圧着不良ではないでしょうか?
  • 2019-04-26 21:04
  • でんきやさん
  • URL
  • 編集

[C934]

でんきやさんコメントありがとうございます。
圧縮不良による同様な事例も結構あるんですね。今回の端子を見ると根元の平らなボルト穴付近まで完全に膨らんでいるので、凍結によるものと判断しました。同じ地域で同じような事例を別に経験しています。他に恐らくでんきやさんおっしゃるような原因ではないかと思われるものを1件経験したことがあります。
  • 2019-04-26 21:48
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR