fc2ブログ

Entries

カウンター校正装置の校正

継電器試験器のカウンターの校正には、S社のカウンター校正装置を使用しています。
今回はカウンター校正装置の校正を行いました。

校正試験に使用したのはI通信機のユニバーサルカウンターです。
毎年このためだけに使っています。マニュアル見ても意味がさっぱり分かりません・・・(笑)

ステータスモードの試験 ↓

20210125-1.jpg

カウンター校正装置から設定した時間の長さの信号がでます。
ユニバーサルカウンターではパルス幅として測定します。
上の写真はカウンタ校正装置設定時間10.0msecの信号発生時の状況です。
カウンター校正装置の精度は高く、正確だと思います。実際試験をすると下位の桁でばらつきが出ますが、おそらくSTARTスイッチの接触の影響かと思います。

次はインターバルモードの試験です。

20210125-2.jpg

この試験は、ユニバーサルカウンターのCHAに加えられたスタート信号からCHBにストップ信号が加えられるまでの時間を測定します。
回路はちょっと不雑ですが、直流電源装置にて校正装置のスタートとユニバーサルカウンターのCHAにスタート電圧を印加しします。
校正装置のストップ信号は接点なので、a接点に直流電圧を加え、ストップ電圧としてユニバーサルカウンターのCHBに印加します。
→ 校正装置で設定した時間がユニバーサルカウンターに表示されます。
こちらの試験も試験するたびに値にバラツキが発生しますが、ずっと下位の桁なので、測定結果にはあまり影響ありません。

継電器試験器のカウンターは校正装置のインターバルモードにて校正します。

ユニバーサルカウンター自体の校正試験は行っていませんが、内部の基準周波数に変化がないのでOKとしました。・・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR