FC2ブログ

Entries

位相特性試験器の校正

昨日実施した、位相特性試験器の校正試験の様子です。

20210125-3.jpg

上の写真は位相計の校正です。こちらも時間計で紹介したユニバーサルカウンターの位相測定(PHAS A→B)モードでやりました。
電圧基準に電流の位相を測定しました。CHAが電圧、CHBが電流ですが、抵抗器で電圧に変換し入力しました。
写真では遅れ60°のポイントでの試験です。ほとんど誤差はありません。
左の位相計は、同じ入力で参考に計測してみました。

↓こちらも参考に測定してみたベクトルテスターです。

20210125-4.jpg

こちらもピッタリです。

次に電圧計と電流計の校正です。
デジタルマルチメーターにて行いました。

20210125-5.jpg

20210125-6.jpg

いずれもほとんど毎年同じデーターです。各レンジで実施しました。

こちらは、カウンターの校正試験です。

20210125-7.jpg

先日校正した、カウンター校正装置での試験です。
全く問題ありません。

試験成績書 ↓

20210125-8.jpg

試験成績書は毎年同じなので、日付と測定値を入力するだけで完成です。
次回の校正試験時まで見ることはない紙ですが、一応ファイルしてあります。

スポンサーサイト



コメント

[C982]

位相特性試験器の校正についての説明ありがとうございます。
工夫することで色々な校正が可能なことが良く分かりました。
先ずは第一歩としてフルークのマルチメーターを購入したいと思います。
今後もご指導よろしくお願いします。
  • 2021-01-26 19:59
  • 新人管理技術者
  • URL
  • 編集

[C988]

位相特性試験についてですが、メモリーハイコーダ―にDGR-1000KのV0とI0を入力したのですが、I0のノイズが大きくて位相差の測定値が不安定でした。
I0を電圧に変換する場合の抵抗器についてご教授をお願いできれば助かります。
抵抗値が大きいと発熱が多くて、悩んでいます。
  • 2021-03-09 19:48
  • 新人管理技術者
  • URL
  • 編集

[C989] Ioの抵抗器

私は手持ちの抵抗器に20Ω3Wがあったので、これを2個パラに接続しIoを流しました。電流は0.3Aだったので電圧は3Vです。抵抗の発熱はありますがこれくらいなら問題ありませんでした。この電圧ならメモリハイコーダーで測定できると思います。私はユニバーサルカウンターで測定したので、ノイズについてはわかりませんでした。メモリハイコーダーなら電流センサーで電流波形を測定する方法もあると思いますが・・・。私も一度同様な試験を試してみたいと思います。
  • 2021-03-09 23:57
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

[C990]

ありがとうございます。
ユニバーサルカウンターを購入する前に何か出来ないかと思い。
メモリーハイコーダーでテストをしてみました。
電流測定用のセンサーを持ち合わせていなかったため、13Ωの抵抗器を3個並列にして測定をしました。
波形は正弦波なのですが、ノコギリ状のノイズが入った波形になってしまいました。
もう少し検証をしてみます。
  • 2021-03-10 19:40
  • 新人管理技術者
  • URL
  • 編集

[C991]

配線を奇麗に整理して、試験機に接地線を取り付けたらノイズが解消しました。
お騒がせしました。
位相も正確に測定できました。
  • 2021-03-13 13:46
  • 新人管理技術者
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR