fc2ブログ

Entries

架空高圧ケーブルが屋根材に接触

先日工場のエアコン増設工事があり、工事業者の方に屋外の屋根の上に室外機を設置していただきました。

工事終了の連絡をいただいたときに、高圧ケーブルが屋根に接触しているよとの情報をいただきました。

20210630-2.jpg

いただいた写真です。架空のCVTケーブルが屋根に接触しています。

20210623-1.jpg

もう一枚の接近写真をみるとケーブルの被覆がちょうど折板の固定ボルトの頭に接触していました。

毎月点検に行っているのに、恥ずかしながら気づきませんでした。というか工場の小屋根の屋上まで行かないと分かりません。
布設当初は離隔は撮れていたと思いますが、ケーブル重量と経年のワイヤーの伸び、釣り金具の変形などで下がってしまったのでしょうか?又は、引き止めに問題が発生しているのでしょうか?
このまま放置すれば、被覆の損傷により高圧地絡事故に発展する可能性があります。
次回の点検時詳細を調査し、対策を決定します。

う~ん。高圧ケーブルの点検方法を改善しなければなりません。
たまたま、エアコン工事があり、たまたま工事業者の方が見つけてくれて本当によかったです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR