fc2ブログ

Entries

電力会社による気中開閉器の操作

今日、年次点検を実施した事業場は、出迎え方式なので電力会社の社員に電力柱の気中開閉器を開閉していただきました。

20210726-6.jpg

柱上作業中の墜落防止にはハーネス安全帯を使用されています。
昇柱には従来の安全帯が必要なので安全帯の装備が多くなります。

話は飛びますが
先日、電気管理技術者協会の支部会にて電力会社から「年次点検などで電力会社の設備操作を行う場合、今まで無償でしたが、今後、有償となる」との説明がありました。この件は昨年からアナウンスされており本年の10月からの実施になります。

20210726-7.jpg

この事業場では来年以降、毎年、年次点検のたびに費用が発生するので、お客様には説明が必要です。

電力の自由化により、総括原価方式も崩れた今、やむをえない措置と思います。
電力会社も分割され、お互いに調整や手続きなど今まで無かったコストが増えてきました。
スポンサーサイト



コメント

[C1023]

いつも拝見しております。
私の受け持ちも出迎え方式の所がありますが、電力会社のPASは試験などやっているのでしょうか?
少なくとも連動試験はやっていません。こういう停電依頼時にでもやる気があればできるのですが。
  • 2021-07-27 06:08
  • 終活中のでんきや
  • URL
  • 編集

[C1024]

電力柱のGRの試験やっているところは見たことはありません。やっていないかも?以前この事業場で停電操作時、GRのテストボタンで開放依頼したとき不動作がありました。その後GRは取替えてもらいましたが、以降解放時はテストボタンで開放するようお願いしています。(今回は操作紐操作)ただこの事業場は受電LBSにGRを設置しました。こちらは毎年RY試験で動作確認していますが、ケーブル事故で電力のGR不動作だと波及事故になるでしょうね。(泣)・・・・ケーブル√変更して構内第1柱設置すべきですかね。・・・
  • 2021-07-28 22:21
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR