FC2ブログ

Entries

デジタルマルチメーターで直流耐圧試験器の校正

お客さまから電力ケーブルの直流耐圧試験を依頼された。
直流耐圧試験はしばらく実施していなかったので、メーカーに校正試験を依頼したが納期が1ヶ月かかるということで耐圧試験に間に合いそうもない。
かといって校正なしで試験をやるわけにもいかず・・・・
なんとか自分の所有する計測器での校正試験を思案しました。
まず漏洩電流計の校正です。
1361389977.jpg
直流出力にMΩの高抵抗をクリップ。
1361389993.jpg
出力調整ツマミに漏れ電流を調整、外部電流計端子に接続したデジタルマルチメーターにて電流計を校正しました。
電流計のレンジが大きくなると高抵抗を小さくし流れる電流を大きくします。これで1μAレンジから100μAレンジまで電流を変化させました。
結果はほとんど誤差なし。合格です。
次は出力電圧の校正です。
1361390702.jpg
こちらは出力クリップに500MΩの高抵抗を接続し、出力調整ツマミで出力電圧を調整します。その時の漏れ電流をデジタルマルチメーターで測定します。
電圧の校正値は(高抵抗MΩ)×(漏れ電流μA)で計算できます。
抵抗値はデジタルマルチメーターにて正確に測定します。
1361391292.jpg
高抵抗を100MΩにすると電流値から電圧が直読できますが、電圧が高くなると電流が大きくなり、ちょっと嫌だったので500MΩとしました。
試験結果はこちらもほとんど誤差なし、合格です。
メーカーの校正が間に合わず、他の校正機関からも断られて途方に暮れていましたが、やれば出来るということでうれしかったです。
使用する高抵抗は使用電圧と定格電力を満足するものが必要ですのでご注意下さい。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/224-26aacfb3

トラックバック

コメント

[C1010]

ブロブを参考にして先日、ムサシ直流耐圧試験器(37kV)の校正を実施しました。

電圧計
 10MΩを10個直列にしてデジタルマルチメーターで測定しました。
 結果はメーカー仕様の範囲内で合格

電流計
 これが厄介でレンジが2μA、20μA、200μA、2mAの4種類あるため、エクセルで電圧が500V~1000Vになるように抵抗値を計算して、数種類の抵抗群を作成して実施しました。
 結果は合格でした。

ブログでの情報ありがとうございました。
  • 2021-05-24 20:17
  • 新人管理技術者
  • URL
  • 編集

[C1011] 直流耐圧試験器校正試験

うまくいったようで良かったですね。
役に立って良かったです。
  • 2021-05-26 09:17
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR