FC2ブログ

Entries

新年早々の点検で不具合箇所が・・・・

新年早々の月次点検で不具合箇所が・・・・・。
あるお客さまの昨日の月次点検です。第1柱の目視点検時、電線の異常を発見しました。
IMGP2528.jpg
受電ケーブルと電力会社VCTの間を接続する電線の一本がケーブルとの接続部でクシャンと折れて、隣の中相と接触していました。
昨年来、私自身も圧着端子部分の電線引き抜けを経験しましたし、仲間の管理技術者からも同様な事例を聞いていました。
今回も同様な圧着端子部の不良と判断し、このまま放置すれば断線事故に発展することから、お客さまと工事業者に連絡し対応について検討しました。
このお客さまは宿泊施設のため、この日の修理は断念。翌朝停電し、電線部分の取替えを行うこととしました。
知らぬが仏といいますが、この不具合を知ったばっかりに昨晩から今朝までは、もし強風が吹いて断線でもしたら・・・と心配でした。

今朝1時間の停電を行い作業を実施しました。
IMGP2538.jpg
テーピングを剥がし、圧着部の点検を行うとやはり、圧着端子内に水滴が侵入し凍結によって端子が破裂していました。そのため電線が緩み、接触不良となったので過熱により電線が変形したものと思われます。
端子の画像です。↓
IMGP2543.jpg

IMGP2544.jpg
端子のボルト穴まで膨張により膨らんでいました。圧着部は破裂しています。
電線の圧着はなくなりゆるゆるな状態です。発熱によりテーピングは融け、端子部に溶着していました。
このまま放置していたら、近々間違いなく断線事故が発生したことでしょう。
設置以来20年以上経っているので、施工時のテーピング施工不良ということは出来ないが、寒冷地では要チェックのポイントです。
この事業所では次回年次点検時、他の2相についても端子、電線の点検、取替えを計画することにしました。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/244-eac2489b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR