fc2ブログ

Entries

カラスよけの決定打になるか?

仲間の電気管理技術者からの情報です。
第1柱に設置するAOGは充電部が露出しているので、カラスが頭を突っ込んで波及事故をおこすことが度々あります。
地絡検出のZCTが充電露出部より構内側に付いているため、AOGにて事故除去できず電力会社の地絡継電器が動作してしまうためです。
今までカラスによる地絡事故を防止するため、いろんな対策が為されてきましたがなかなか決定打はありませんでした。
紹介するカラスよけの新兵器は、電線にカラスが嫌がる突起物が沢山付いたチューブ状なものを電線に取付けたものです。
1337771154.jpg
↑電力会社の分岐開閉器付近にカラスよけ設置
↓拡大写真です。
1337771114.jpg
鉄条網のようなものが電線に巻き付けられているようです。カラスでなくても見るからに近づきたくないですね。
1337771183.jpg
↑構内第1柱のAOG近辺にも設置されました。ちなみに施工は電力会社ということでした。
これでカラスによる地絡事故防止の決定打となるか?期待したいところです。
できれば、すべてのAOG設置箇所に水平展開して欲しいです。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/370-493860ed

トラックバック

コメント

[C204] No title

当地で見かけない形ですが、どうして地域により違う形の物が多いのでしょう?
ちなみに当地ではほとんどが箱入りの物です。
  • 2012-05-24 12:19
  • 見習い中
  • URL
  • 編集

[C205] No title

この開閉器はAOG又はGABと称する地絡保護付きの気中遮断器です。SOGと違い短絡電流が遮断できるほか対雷性能がSOGより高いメリットがあるので、この地方ではSOGに並んで第1柱の開閉器として多く使用されています。(エナジーサポート社製)ただ紹介したように充電部が露出したところがあるので、鳥や蛇、飛来物などの接触による地絡事故も時々あります。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR