FC2ブログ

Entries

ケーブルの劣化

今日は仲間の管理技術者のお客さまの年次点検の応援でした。
屋外のケーブルの点検を行ないました。
電気室から工場内への低圧幹線ケーブルです。
1333315846.jpg
ケーブルの外皮の被覆が劣化し芯線の絶縁体が露出していました。
1333315876.jpg
ケーブルの仕様は不明ですが、かなりの経年が推定されます。
ケーブルのシースが割れて開口してしまうとは・・・これで即事故に繋がるものではないと思いますが・・・
又、ケーブルを支持するメッセンジャーワイヤーもかなり錆びており強度的に不安な状態でした。
仲間の管理技術者は点検報告では早急の更新を依頼するとのことでした。
高圧ケーブルは割合気を付けて点検しますが、低圧側はちょっと・・・・低圧ケーブルもしっかりチェックしましょう。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/389-1ed802bd

トラックバック

コメント

[C223] No title

俗にSVケーブルと呼ばれるやつですね、紫外線には弱いんですよね。
私も経験あります、柱上変台で。
某財の管理から移管後、初めての年次点検で見つけました。
以前の管理者は年次点検でも柱上には登らなかったそうですから、当然と言えば当然かも。
CVに順次交換してます。
  • 2012-04-02 07:23
  • O電気保安
  • URL
  • 編集

[C224] No title

同じビニールシースでも黒のCVの方が耐候性は良いようですね。いずれにしてもケーブルの寿命は15~20年ですから、特に屋外使用の経年のものは点検が重要ですね。今まで引き込み電線の絶縁が紫外線にやられて芯線の導線が露出したものは見たことありますが、今回のようにケーブルシースがぱっくり割れたのははじめてみました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR