FC2ブログ

Entries

今日の年次点検

陽気がよくなる3月には今年度最後の年次点検が続きます。
今日は午前中に同一構内で2事業場の年次点検を行ないました。
朝は冷え込みがありましたが点検を開始する頃には暖かくなってきました。
↓AOGの方向性地絡継電器の零相電圧の測定です。
1331745999.jpg
各相の大地間電圧を確認OK。3810V/100=38.1V
線間電圧も確認。6600V/100=66.0V。各線間のバランス確認OK。
回路図的には↓下の図です。
1331747933.jpg
零相電圧検出用コンデンサの出力電圧チェックは良好でした。
継電器試験はこのコンデンサーを使用せず、例の模擬コンデンサーにて試験電圧を加えます。
動作電流、動作電圧、位相特性、動作時間特性などすべて良好でした。
↓電力ケーブルの絶縁抵抗測定
1331753694.jpg
5000Vメガーにて500GΩと良好です。
全ての検査項目も終わり無事年次点検も完了しました。
と・・・・思いきや・・・・・
又やってしまいました{/悲しい/}
1331753890.jpg
タキゲンTAK50の鍵が又、ねじ切れてしまいました。
今回は千切れた方が鍵穴に残ってしまいました。{/悲しい/}最近で2回目です・・・
苦労してなんとか抜き出しましたが、どうもこの鍵は欠陥があるとしかいいようがありません。材質的か構造的か?
今後この鍵の使用は控えたいと思います。{/怒った/}
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/396-3a05a7c4

トラックバック

コメント

[C232] No title

V0って地絡継電器からそんなに簡単に測定出来ちゃうんですね。今まで気が付きませんでした。

[C233] No title

私もVoの測定が出来るなんて知りませんでしたので、次行ったらやってみますね。
TAK50は便利なんで導入しようかと思っていたんですが、壊れやすいのでは・・・と思ってしまいますね~私の周りでも壊れるとよく聞くのでしばらくは200で頑張ります
  • 2012-03-15 10:43
  • 無資格者
  • URL
  • 編集

[C234] No title

このタイプのDGRの動作試験は、テスト端子がないため柱上のZPDに零相電圧を加える方法が正しい方法ですが、手間と時間が掛かるため、地上にて模擬コンデンサーを使用して検査しています。そのため柱上のZPDの確認ができないので、活線時の電圧測定で代えています。電圧測定はV1,V2,V3のリレー側端子は浮かして測定します。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR