fc2ブログ

Entries

太陽光電力貯蔵・給電システム

今日、別件でお伺いした事業場(工場)で運用している太陽光電力貯蔵・給電システムなるものを見学させてもらった。
簡単に言えば、ピーク時以外の商用電力で蓄電池を充電しておき、デマンドコントローラーによりピーク時に太陽光発電と蓄電池の放電よりピーク電力を抑制し、デマンド電力の低減と電力の平準化をはかるものです。
大型ディスプレイがありました。
1308907237.jpg
蓄電池は250Vと50Vの2系統です。250Vの系統は双方向インバーター、太陽光パネルにより、充電をよびピーク時の工場への放電を行います。50Vの系統は主に直流負荷への供給をしています。伺ったときは約20kWくらい蓄電池から工場内負荷へ送電していました。
↓50V系蓄電池パック
1308907971.jpg
↓250V系蓄電池パック
1308908000.jpg
50Vでも250Vでも蓄電池の直並列の組み合わせで自由に電圧、容量が設定できます。
↓双方向インバータ
1308908110.jpg
↓蓄電池パック
1308908283.jpg
中身はリチウム電池の組み合わせです。この1パックにはリチウム電池が7直列14並列です。250V系ではこのパックをさらに10直列、4並列に組み合わせ40パックとし、250V30kWhのシステムを構成しています。
さすがリチウム電池は軽くて、小型です。{/嬉しい/}どっかの鉛蓄電池とは比較になりません。{/悲しい/}
↓こちらはデマンドコントロールのディスプレイです。
ここのデマンドコントロールは通常の負荷の切り離しなどの制御に加え、蓄電池の放電量のコントロールも行います。
1308909480.jpg
↓太陽光パネル
1308909602.jpg
工場の屋上に設置。現在5kWですが増設の予定とのことです。
↓直流LED蛍光灯
1308909794.jpg
右がLED,左が普通の蛍光灯です。1灯23W直流25Vです。2灯直列に接続し50V系で直接点灯しています。
明るさは遜色ありませんね。かえってLUXは大きいかもしれない。直流を使うという発想ですから余分なものは何もいらず付帯設備やロス0で非常にいいと思います。

このシステムは、単なるデマンドコントロールによる負荷抑制にとどまらず、一歩進めて、蓄電池で電力供給してあげるという逆転の発想を具現化したもので、まさにこれからのエネルギーの使い方として大きな貢献が期待できると思いました。
震災後の今でこそ蓄電システムには大きな注目が集まっていますが、以前から地道な研究を行ってこのような設備を多額な出資で設置されたことには、その経営の先見性に敬意を表します。この会社ではこのシステムで実証研究し、製品化するということでが、すでにリチウム電池パックなどは「オーダーメイドバッテリー」と銘打って販売されているようです。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/495-f90e3c2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR