FC2ブログ

Entries

安全保護具の自主検査

 私たちの業務では、充電中での月次点検、停電点検時の検電、竣工時の耐圧試験など労働安全衛生規則でいう「高圧活線近接作業」は避けられません。
当然その時は絶縁用防保護具を使用することになります。
↓労働安全衛生規則
1296247812.jpg
又、絶縁用保護具の検査については次のように定められています。
1296248270.jpg
今日は、私が使用する安全保護具等の自主検査を行いました。
↓試験システム 
1296249925.jpg
多機能試験装置、試験トランス、支持碍子、精密級電圧計、電流計、水槽で構成されます。
↓ゴム長靴、ゴム手袋、ヘルメットの耐圧試験
1296250053.jpg
1296250191.jpg
1296250224.jpg
↓検電器、高圧クランプメーターの耐圧試験
IMG_3505.jpg

IMG_3508.jpg

IMG_3511.jpg

↓検査記録
1296250933.jpg
検査結果はファイリングし3年間保存します。
個人で電気管理技術者の業務など行っていると、技術的なことに走ってしまい、つい安全についてはおざなりになりがちです。←(自分のことですが・・・{/嬉しい/})
ワンステップ手順が増えても安全第一に作業をしたいものです。
労働安全衛生規則「停電作業を行う場合の措置」をあらためて紹介します。
1296251729.jpg
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/560-39a846dd

トラックバック

コメント

[C337] No title

いやーさすがですね!安全管理は言葉では簡単ですが、サラリーマン時代は仕方なくやっていましたが、今はダメですね。反省です。今年からこんな基本的なこともチャントしたいです。
しかし自分の分だけでは直ぐ終わるので、仲間ともしているのですか?田舎の協会なので支部にもそろえてありません!これではつぶれますよね。
  • 2011-01-30 10:45
  • タナカ電気カンリ
  • URL
  • 編集

[C338] No title

先輩管理技術者の方々みな個人ですので安全意識は高いです。ただ労働安全衛生規則でいう事業者であり、安全衛生管理者であり労働者であるわけですから、上司からの指示、命令もないので本当の自己責任となります。どうしても安易な方へいってしまいますが、何とか基本へ引き戻す努力をしています。自主検査もひとつの意識付けです。手作りの試験装置でいろいろ手直しをしてきましたが、何とか使い物になりそうですので他の仲間の方にも利用してもらいたいと思っています。
こんな仕事をしていると、仲間の応援や業者の下請けの仕事もありますので自分の災害で迷惑をかけないために労災の特別加入は必須ですね。

[C687] 保護具の耐圧試験について聞きたいことがありまして

こんばんは。いきなりすいませんが検索した所このページを見つけまして、耐圧試験関係でお聞きしたいことがあってコメントさせて頂きます。

検電器の耐圧試験を行う際ですが、アースを取り付けている箇所に、アルミホイルを巻いているのは何故なんでしょうか?
持ち手部分の保護ですか?

すいません、教えていただけるとありがたいです。

[C688] アルミホイルの理由

深い意味はありませんが電極として電導を良くしているつもりです。絶縁物にアルミホイルを巻いて、その上に銅線を巻き付け銅線にリード線を接続しています。ちなみに6kV用検電器の規格では縮めた状態で検知部と握り部間に20000Vを1分間の印加ですが、この試験では伸ばした状態で保護具と同様に10000V、1分の試験としています。

[C689] そうなんですか!

お返事ありがとうございました┏○ペコッ
そうなんですね!私も会社で自分たちのヘルメットや検電器の耐電圧試験をすることになったので、教えていただけて助かりました(^ ^)
ちなみに、私たちの場合、ヘルメットは10kV、検電器は25kVを1分印加するんですが、この試験電圧である根拠が分からなくて。労働安全衛生法や発変電規程を探してみても、いまいち調べきらなかったっす。
よろしければ教えてほしいです!
お願いします┏○ペコッ

[C690] 検電器の試験電圧

ヘルメットなどの絶縁用保護具の耐電圧試験電圧については、ブログ本文に記載したように10000V1分と決められています。但し、絶縁保護具等の規格では20000V1分とされています。
検電器は絶縁用保護具でないので定期自主検査が定められていません。しかし検電器が充電部に接触する恐れもあるので、定期自主検査を行うケースが多いようです。検電器の規格は無いようですが、メーカーでは20000V1分の耐電圧試験を行っているようです。検電器のの試験電圧としてはこの20000V1分でいくか、10000V1分でいくか、はたまた、活線作業用器具の絶縁棒の規格に準じて使用電圧の2倍の電圧5分とするかですね。(私は10000V1分でやりましたが・・・)
いずれにしても25kV1分という数字はでてきません。
一度調べてみて下さい。
・労働安全衛生規則351条(絶縁用保護具等の定期自主検査)
・同条解釈例規(S50.7.21.基発第415号)
・絶縁用保護具等の規格(労働省告示第144号)

[C691] ↑[690]の補足

検電器の規格は公に決められたものはないという意味です。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR