FC2ブログ

Entries

鳥による高圧地絡事故発生

またもや高圧地絡事故発生。ヘビの地絡事故からひと月経っていないのに連続で発生。
ある朝、事業所の始業間もない朝9時少し前、携帯に電話。「突然停電した。電力会社は停電していない。」とのこと。天候雨。
他の事業所へ月次点検に訪問したところだったが急遽Uターン事故事業所へ向かう。幸い近くの事業所であったため10分くらいで到着した。早速第1柱確認。地絡継電器動作、GAB動作。高圧地絡事故と判断。
前回のヘビの件もあったのでまずキュービクル内を点検したが異常なし。メガーにて絶縁抵抗測定、絶縁抵抗正常。
次に第1柱周辺調査。鳥かヘビでも落ちていないか調べたが異常なし。これは一時的な事故か、継電器の誤動作かと疑ったが、さらに双眼鏡で念入りに調査すると、なんと第1柱のアームの上に鳥らしいものが載っている。どうもアームにとまった鳥がこともあろうか高圧電線のコネクタカバーにクチバシを突っこんで死んでいるようだ。
天候は雨が結構強く降ったりやんだりで地絡再発の可能性大である。お客様に報告し地元の工事屋さんに高所作業車での鳥の除去を緊急手配。すぐ来ていただき無事除去、最小の停電時間で無事復旧することができた。
原因は第1柱の装柱に問題あり。問題のコネクターはGABと計量器用VCTとの電線の接続部であるが、電線保持用のアームとジョイント部との離隔が小さく、アームにとまった鳥がコネクタカバーに接触可能な距離であった。乾燥状態であればカバーに接触しても地絡しないかも知れないが、今回のようには降雨と重なると地絡事故が発生する可能性がある。再発防止対策としては鳥がアームにとまってもコネクター部に接触しないように装柱に工夫することが必要であると感じた。お客様にも改善について提案を行った。
それにしても今までめったに無かったのに、この1ヶ月の間に似たような事故が2回も発生するというのは・・・。二度あることは三度ある?
1184506517.jpg
鳥がコネクタカバーに頭を突っ込んでいる

1184505576.jpg
鳥(全長30cm)
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/885-e72e8e89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR