FC2ブログ

Entries

ヘビ侵入により高圧地絡事故発生

ある事業所で高圧回路が地絡し、受電用開閉器がトリップ、工場内全停電するという事故が発生した。
天候快晴、発雷なし、通報と共に現地に急行した。
第1柱開閉器「切」状態、地絡継電器動作表示確認。地絡事故と判断した。
第1柱開閉器、高圧ケーブル目視で異常なし。
キュービクル受電断路器開放、作業接地取り付け、点検開始。
ヘビ、ネズミ、鳥など小動物によるものと予測し、扉を開けなにか痕跡がないか調査した。
一見異常が無いように見えたが、再度キュービクル内側より調査すると
キュービクル内上部の高圧コンデンサ用LBSの高圧電線に真っ黒なヘビが巻きつき尻尾がLBSの充電部分に接触しているのを発見。高圧電線も黒色のため見つけにくかったのです。
ヘビは動きませんが目を見開きどうも生きているようです。
木の棒でヘビを突っつくとボタッと床に落ち変圧器の下あたりに隠れてしまいました。
お客さんと数人で長い棒で突っつきなんとかキュービクルの外へ追い出しました。
その間約15分、高圧回路の絶縁を確認し無事受電することができました。
ヘビの侵入箇所はキュービクル床部の低圧ケーブル貫通部閉塞用パテにすこし隙間がありどうもそこから侵入したようです。
早速パテを補修し隙間を無くしました。日常の点検で小動物対策の不具合についても見ているつもりでしたがパテの隙間を見落としていたようです。これからの季節ヘビが出没するので他の事業所についてもしっかりした点検が必要と痛感しました。
1182551388.jpg
とんだ目にあったヘビの運命はいかに・・・
1182551485.jpg

1182551565.jpg
パテのスキマ(ケーブルの重なり部) 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://denkikanri3y.blog.fc2.com/tb.php/886-cff23053

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR