fc2ブログ

Entries

接地抵抗計の校正

趣味?の計測器校正です。(笑)
最近入手したHIOKIのアースハイテスターです。
接地抵抗測定時の補助極の不完全による接地抵抗測定値の測定不良には悩まされます。
接地抵抗計も何台か持っていますが、この機種は補助極の接地抵抗をチェックする機能があるということで導入してみました。
さっそくダイヤル抵抗器で補助極の接地抵抗を模擬し試験を実施。
IMGP6234.jpg

IMGP6235.jpg
レンジ切替スイッチでP、Cを選択し、接地抵抗範囲を確認。写真はP極の接地抵抗を5kΩ設定時の指示値です。
この接地抵抗計では、補助極の接地抵抗を5kΩ以下で接地抵抗の許容差を±5%以内としています。

ついでに以前購入した、もう一台の補助極のチェック機能のある接地抵抗計、共立のデジタル接地抵抗計も試してみました。
IMGP6237.jpg
こちらはC極の接地抵抗が大きく定電流が流せない場合、デジタル表示の小数点が点滅し警告します。
こちらはレンジによって抵抗値が異なります。HIOKIよりかなり高い値で表示が出ました。

この辺の細かい規定はJIS1304「接地抵抗計」に記載があるはずですが、検索したところ最新改正2002/7月、2012/3月に廃止となっていました。現在は何により規定されているのでしょうね。ご存じの方がみえたら教えて欲しいです。
スポンサーサイト



コメント

[C548] 新型

今日、日置からメールが来て、新しい接地抵抗計が今月末に出るようです。
http://www.hioki.co.jp/news/information/2014/606/

こっちも買ってみます。補助極の許容範囲が広がるので、PCチェックが外れることが少なくなり、手間が省けそうです。
  • 2014-07-16 21:23
  • てるっこ
  • URL
  • 編集

[C550] Re新型

HIOKIの新型・・・よさそうですね。ちょっとタイミング悪く旧型を購入してしまいました。私もこちらが欲しいです。
情報ありがとうございました。新製品のレビューよろしくお願いします。
  • 2014-07-17 13:20
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

[C570] 日置の新型接地抵抗計

年次点検で、新型接地抵抗計を使ってみましたが、測定(正しくは計測か)については素晴らしいのですが、補助極のコードの巻き取りについては、自作のリールの方が使いやすいです。
小さめの電工ドラムを転用したものですが、P,Cの両方を一度に巻けます。

しかし、日置の新型に付いてきたのは、別々に巻くので手間が倍です。その点が大いに不満です。得意げに動画を出していますが……。

その辺を改造しないと、忙しい年次点検の現場では使い物にならないと私は思います。
今月からまた忙しくなるので、改造した様子を自分のブログに載せるかどうかは気分次第ですが。
  • 2014-09-01 21:06
  • てるっこ
  • URL
  • 編集

[C572] さすが早いですね

新型接地抵抗器もう購入しましたか。
私もE友newsで紹介された動画を見せてもらいましたが、なかなかの優れもののようですね。
確かに、リード線の巻き取り器はそれぞれ2個あるようで、2往復必要ということですね。まあ、今までのドラム式よりはましのように見えましたが・・・。
私の周りにも、一つのドラムで2本同時に巻き取りできる工夫をしてみえる方もみえます。
改造版のブログアップを楽しみにしています。
  • 2014-09-02 17:56
  • denkikari3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR