fc2ブログ

Entries

VCBの絶縁不良

世間はお盆休みに突入ですが、電気管理技術者は年次点検が忙しくなります。
今日は、仲間の電気管理技術者のお客様の年次点検応援でした。
この停電に合わせ以前から絶縁の悪かったVCBの取替工事が行なわれました。
撤去したVCBの絶縁抵抗測定を測定してみました。
導体部の対地間絶縁抵抗は、やはり数十メグオーム以下と低めです。
IMGP6409.jpg
遮断器本体の絶縁を測定すると、∞となるべきところかなり低い値が示されました。
各部位で測定してみましたが同様に低い値です。経年による全体的な汚損、吸湿による絶縁劣化のようです。

↓メーカーの保守マニュアルによる判定目安
V6A-Uzetuenmeyasu.jpg

今回の事例ではトラッキングは認められないが、絶縁抵抗値が50MΩ未満で、経年も20年ということで更新したとのことでした。
但し、撤去品を清掃してみると絶縁の回復がみられるので、全体的な清掃でどの程度絶縁が回復できるのかをこれから試してみたいと思います。

ちなみに、この保守マニュアルでは、1~3年の普通点検、6年に1回の細密点検でVCBを盤から取外し、絶縁部の清掃をおこなうことを推奨しています。
やはり、盤に取付状態では細部、特に真空バルブ近辺の清掃はなかなか難しいので、マニュアルに示すよう少なくても6年に1回程度はVCBを盤から取り外しての清掃と可動部の給油、注油などを行えば、VCBの機能を長く維持できるのではと思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR