fc2ブログ

Entries

放射温度計の試験

最近、実験用のホットプレートを入手したので、放射温度計とサーモグラフィーの校正試験を行なった。
使用したホットプレート↓
IMGP6468.jpg
↓温度調整部
IMGP6450.jpg
パネルの温度が設定値になるよう温度調節器で調整されます。
↓パネルの表面温度
IMGP6452.jpg
パネルが広いので表面温度は若干のばらつきがあります。
↓試験箇所の表面温度
IMGP6454.jpg
パネルはSUS製なので、黒体テープを貼付け、その表面温度を測定しました。パネル面より若干温度降下がありました。
↓放射温度計で測定
IMGP6455.jpg
指示値は表面温度計とほぼ同じです。
↓サーモグラフィーの値は
T01091IR.jpg
こちらはちょっと高めでした。

次は70℃設定で実施しました。
IMGP6466.jpg
温度が高くなると、室温との差温が大きくなるので表面の放熱により温度降下が大きくなります。
↓放射温度計
IMGP6467.jpg
表面温度計よりほぼ1℃低い指示となりました。
↓サーモグラフィの画像
T01095IR.jpg
表面温度とほぼ同じ値でした。

今回の試験で実施した測定器は、いずれも未校正ですが、一連の試験でそこそこの精度?が保たれていると思いました。
今まで、放射温度計はサーモグラフィーとの温度が、サーモグラフィーより若干低く気になっていましたが、同じ傾向でしたので納得です。
いずれにしても、普段使う温度計の精度がどの程度かを把握しておくことも大切かと思います。

スポンサーサイト



コメント

[C564] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2021年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR