FC2ブログ

Entries

接地抵抗計の補助極接地抵抗の影響

昨日に引き続き校正試験を行なっています。
今日の午後は接地抵抗計の校正試験を行ないました。
IMGP7513.jpg
こちらも予備ということで3台あります。H社の新製品が欲しいのですが、接地抵抗計4台というのも・・・・で買えません。
IMGP7510.jpg
標準抵抗器を使用し校正試験実施。3台とも問題ありませんでした。

せっかく3台持ち出したので、現場でいつも問題になる補助極の接地抵抗の影響について比較してみることにしました。
IMGP7533.jpg
ダイヤル抵抗器を使い補助極に模擬的な接地抵抗を入れ、抵抗値を変化させ、接地抵抗計の表示の影響を調べました。
結果は次の通りです。
settiteikoukei.jpg
横河の取説では補助極抵抗の影響はRc、Rpは10kΩまで測定可能と記載してありました。
日置では補助接地抵抗の影響は0~5kΩの変化において±5%以内と記載されています。
共立のデジタルの取説には接地抵抗の数値について記載はありませんでした。
このシミュレーションでは、Y社もH社もほぼ取説の数値までは計測できました。K社のデジタルはY,H社と比べると接地抵抗による影響は大きそうです。
デジタルのものが性能がいいだろうと思っていましたが、意外にも一番古いY社のものが一番影響が小さいことに驚きました。
H社の新発売の接地抵抗計については、カタログでは補助極の許容接地抵抗が50kΩと記載されているので、この3機種と比べるとかなり影響が小さいと思われます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR