FC2ブログ

Entries

高圧メガーの確認試験

昨日は高圧メガーの校正試験を行ないました。
標準抵抗は某オークションで仕入れた高精度の高電圧、高抵抗です。
IMGP7544.jpg
これらの抵抗を直列に接続し高抵抗を作りました。
IMGP7543.jpg
上が500MΩ×10=5GΩ、中が1GΩ×10=10GΩ、下が5GΩ×20=100GΩです。
高圧の標準抵抗器を購入すればよいのですが、安くあげるための手作りです。
100GΩのみ昨年、校正試験に出したきりで、カタログデーターを信用しての確認試験です。
もっとも500MΩと1GΩについては校正済みのマルチメーターでの校正は可能ですが・・・・。
IMGP7536.jpg
↑5000Vメガーの表示
IMGP7537.jpg
↑10000V可変メガーの表示
いずれもメガーも高抵抗は許容誤差がおおきいので、これらの抵抗器でも十分動作確認は可能と考えてます。
昨年データーと同様なので合格と判断しました。

高圧メガーを出してきたので、高圧電圧計の校正も行なうこととしました。
IMGP7540.jpg
こちらは高圧電圧計の入力抵抗が1GΩなので可変高圧メガーで電圧を発生させ、充電電流μAを測定し、入力抵抗値(MΩ)×電流(μA)=電圧(kV)の計算値を校正値としました。ちなみに、入力抵抗の実測値は1002.6MΩでした。
このマルチメーターは平均値の演算機能もあるので、ふらつきのあるデーターには有効です。

デジタルマルチメータ Fluke8846A

デジタルマルチメータ Fluke8846A
価格:135,000円(税込、送料別)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR