FC2ブログ

Entries

リアクトルを使用して耐圧試験

今日は工事会社に依頼され仮設キュービクルと仮設ケーブルの耐圧試験を行なった。
これは本設の受電キュービクル取替工事に伴い、工事中の電力を確保するため仮設したものです。
ということで、後日、本設のキュービクル取替後、新キュービクルの耐圧試験も行ないます。
IMGP7659.jpg
ケーブルはCVT38sq130mとのことで、耐圧トランスのみでは容量不足のためリアクトル1台接続しました。
充電電流は360mA、トランス電流が150mA、リアクトル電流が220mAでした。あらかじめ調べておいた充電電流のカーブでは330mAくらいだったので、念のためリアクトル2台用意しましたが、結果的にトランス、リアクトルとも定格ぎりぎりで試験できよかったです。
IMGP7661.jpg

スポンサーサイト



コメント

[C593] ケーブルの耐圧試験

いつも拝見させて頂いており、毎回更新を楽しみにしています。
私の場合、150mAのトランスと200mAと300mAのリアクトルを用意しています。
これだと650mAくらいまで切れ目なくカバーできるとおもって用意しているのですが、試験できない条件の時ってありますか?
  • 2015-02-25 12:28
  • 見習い電気主任
  • URL
  • 編集

[C594] 勘違い

見習い電気主任さんいつもブログを見ていただいてありがとうございます。
ごめんなさい。今回のケースでは全然厄介なことにはなりません。この日トランスとリアクトルのみで電圧を上げたら過電流でトリップしたことがあり、過剰なリアクトル容量になると問題だなと思っていたので、充電電流が150mAでリアクトル200+200mAでは危ないなって勘違いしてしまいました。リアクトルの並列接続は何回もやっているのにブログに変なことを書いてしまってご心配掛けました。これに懲りずこれからもよろしくお願いします。
  • 2015-02-26 00:34
  • denkikanri3y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2021年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR