FC2ブログ

Entries

低濃度PCB不含機器の管理


今日、先日変圧器絶縁油の低濃度PCBの分析を行った事業場へ月次点検で伺いました。
さっそく先日作成したシールを変圧器本体に貼り付けました。

20200615-1.jpg

PCBも低濃度PCBも不含ですが、このようにシールで表示しておけば、だれが見ても一目瞭然です。
検査成績書のコピーもビニールケースに入れて機器に取り付けておきました。

20200615-2.jpg

検査成績書の原本はお客さまに保管していただくようお渡ししましたが、現場にもこのように残しておけば担当者や電気管理技術者が変更になっても安心です。
電気管理技術者として先が見えてくると、やらなくていいこともやる必要が出てきます。・・・・

梅雨入りの耐圧試験

この地方も今日、梅雨入りの宣言がありました。
今日は、工事会社から専任事業場の変圧器取替に伴うケーブルの耐圧試験を依頼されていました。
当初の実施予定は明日の予定でしたが、この日は雨予想ということで、昨日、急遽1日前倒しとなりました。
それでも、今日の天気予報では午後からは雨予想だったので、半分は覚悟して現地へ赴きました。

試験したケーブルは2本です。

20200610-1.jpg

一台目は屋外です。ちょうどお昼休みに実施しましたが、準備中ほんの少しぽろぽろした程度です。
天気予報どおりと簡易のテントを設けてもらいましたが、結果的には雨に降られることはありませんでした。

2台目は変圧器は屋外ですが、耐圧の印加は電気室で行いました。

20200610-2.jpg

こちらは15時過ぎの試験となりましたが、この時間帯も雨に降られることはありませんでした。
試験が終わって機材を車に片づけたころから雨となりました。

ということで、心配していた雨にあたることなく無事試験完了することができ良かったです。
2週間予報からずっと雨予報でしたが、やはり常日頃の行いが良かったからでしょうか?・・・・

微量PCB分析の結果

先日、年次点検時に採取した変圧器絶縁油の微量PCBの分析結果が届きました。

20200606-2.jpg

幸い2台とも検出下限値未満で、PCB廃棄物には該当しないとのことです。

20200606-3.jpg

早速、現場の該当機器にはPCB不含機器のシールを検査成績書のコピーを添えて、貼り付けておきます。

お客様へは年次点検報告書にPCB機器の確認表を添付して報告します。

20200606-1.jpg

この事業場は、今回分析した機器以外は製造年が新しくPCB含有の可能性はないので、PCB含有機器はゼロです。

電気使用安全月間ポスター(R2)

今年の電気使用安全月間ポスターが届きました。
早速、事務所の壁に掲示しました。

20200605.jpg

テーマは毎年同じですが、今年はワントーン調のイラストでちょっとおしゃれな雰囲気です。

隔月点検もあるので今月の月次点検からお客様に配布します。

電力ケーブル耐圧試験

今日は依頼されていた地元の水力発電所の変電設備の電力ケーブルの耐圧試験に赴きました。

20200604-2.jpg

検査対象は6kVCVT二十数メートル。交流にて絶縁耐力試験を実施しました。

20200604-1.jpg

充電電流は26mA、計算通りの値でした。
試験電圧を10分印加して絶縁に問題がないことを確認しました。

20200604-3.jpg

パトライトのマグネット固定が工事屋さんに好評でした。

5月の発電実績(R2)

今年も早いもので、6月に突入しました。
仕事の負担は減ったわけだけど何だか慌ただしく毎日が過ぎてゆきます。

5月の気象状況です。

20200601-3.jpg

大雨はなかったようですが結構雨の日が多かったみたいです。

我家の太陽光の発電量は↓

20200601-2.jpg

曇りやグズついた日が多かったせいか、ひと月の発電量は600kWhに満たない値でした。

20200601-1.jpg

5月が年間を通して発電量が一番多い月ですが今年は最低クラスで4月より落ち込んでいます。

それでも発電開始以来の発電電力量は54GWh、売電量は32GWhに達しました。
5月の連休のころに発電開始以来およそ9年と1か月でめでたく償却が完了しました。
今のところ問題なく発電していますが、機械寿命に達してくるのでこの後どうなることでしょうか?

M太郎のUSB扇風機

20200531-1.jpg

回りますが風はきません。残念です。

20200531-2.jpg

昨年購入のもの。インシュロックで車に付けてみましたがやっぱり役に立ちませんでした。
遅ればせながら新設カテゴリー「残念なもの」第1号に認定です。
先日届いたDMでは今年のUSB扇風機はクリップもついて大丈夫ぽいですが・・・・・

ほうば巻き

20200530-2.jpg

この時期にしか食べられない、「ほうば巻き」という名前のお餅?です。
米粉の餅に餡を詰め、朴木の葉で包んで蒸したものです。
朴木の枝に葉がついたまま包んで房になっているので形も面白いです。

おそらくこの地域独特のご当地グルメかと思います。

今週から発売ということで、年次点検の帰りに道の駅で購入してきました。

20200530-6.jpg

早速いただきました、ほのかに朴葉の香りがしておいしかったです。・・・・
・・・・・私は「つぶあん」派です。・・・・

変圧器絶縁油の検査

今日は今週の年次点検ウイークの最終日です。
1週間で8件の年次点検がありました。ほとんど点検応援ですが今日の最終は私の担当事業場でした。

今日の事業場の変圧器は80年代製のものが2台あり、微量PCBの混入が否定できないということで今日の停電に合わせ、絶縁油を採取してPCB分析依頼を行いました。
合わせて、変圧器の内部点検及び絶縁油の検査を実施しました。

↓変圧器内部点検

20200530-1.jpg

油の変色は若干ありましたが問題になるほどではありませんでした。

↓絶縁耐電圧試験・絶縁破壊試験

20200530-4.jpg

帰宅して午後から、M社の絶縁油試験器で実施しました。すべて30kV以上、基準値以上で合格でした。

↓全酸価測定

チェックマン試薬にて実施しました。

20200530-3.jpg

2台とも0.2以下で合格でした。

ちなみに「チェクマンカラー」(色見本)の台は100円ショップで購入したスマホ台です。写真撮影に役立ちました。

しばらく油試験器の校正試験を実施していなかったので、この機会に校正試験を行いました。

20200530-5.jpg
 
試験器の電圧計をデジタルマルチメーターで校正しました。
誤差は全くありませんでした。
間にある箱は試験器の出力電圧測定用のアダプターです。電圧の精密測定や校正時に使用します。

今日は結構盛りだくさんな内容でちょっとお疲れです。・・・・・

今年の再エネ発電促進賦課金

5月から今年の再エネ発電促進賦課金が更改されました。

5月の電気使用量のお知らせには、再エネ・・・賦課金は2円98銭と記載してありました。
ちなみに4月までは2円95銭でした。ほとんど同じです。
下のカーブは今までの推移です。

20200523-2.jpg

この2、3年で頭打ちしてきた感がありますが、1kWhあたり3円なので電気料金への影響は大きいです。
上がることはあっても下がることはないと思うので今後これくらいの金額で落ち着くのでしょうか?

ちょっと古いですが電気新聞の記事です。

20200523-3.jpg

5月の連休中に四国電力のエリアで太陽光の比率が最大88%となったとの記事です。
外出自粛中の連休中で天気も良かったのでこんな比率になったのでしょうね。
他社融通と揚水発電所の運転で出力制限は免れたとのことです。
今後も同様な事象は予想されるので出力制限もありうると思います。

この地方でもまだまだ発電所の新設が進んでいるようですが、全国中が四国のようになると思ったより稼げなくなるかもしれませんね。

下のグラフは燃料調整単価の推移です。

20200523-1.jpg

5月が-3円47銭、6月が-3円50銭です。こちらは、1年前と比べると1円50銭くらい下がっています。
我家でも多い時はひと月1000kWhくらい消費することがあるので再エネ・・・賦課金や燃料調整費の影響は非常に大きいです。
電気代の単価にかかわらず1kWhあたりの計算になるので、特に深夜帯なんかはかなりの比率になります。・・・・

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR