FC2ブログ

Entries

冬休みの工作・電気代90%節約!

当地は冬季の冷え込みが強く、水道パイプには保温ヒーターを巻き付け、凍結防止対策をしています。
凍結防止ヒーターはそれぞれ温度センサーが付いていて、外気温により入り切りします。

以前何かでヒーター用節電器なるんものがあることを知り、ちょっと興味を持っていましたが、この冬休みの工作で使ってみることにしました。

完成品↓

20191230-2.jpg

中身は・・・↓

20191230-1.jpg

マグネットが1個入っているだけです。

先ほど紹介した節電器です。↓

20191230-4.jpg

節電器が通電するとマグネットが動作して、タコ足のコンセントから凍結防止ヒーターに通電される仕組みです。
超簡単な冬休み工作です・・・・

ひとつ工夫?したのはこれ ↓

20191230-3.jpg

通電すると点灯する100Vの豆球をつけて、洗面所の窓の外にぶら下げました。
チャンと動作しているか確認したいのですが、寒い外へ出て確認するのは大変なので家の中から確認できるようにしました。

この節電器も3本タコ足の製品もあるのでそれを購入すれば簡単な話ですが・・・・
そこがしがない電気屋の性・・・・かえって高いものについたかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEWセーブ90 1個口 水道凍結防止ヒーター ESS-T01N 1口
価格:2980円(税込、送料無料) (2019/12/30時点)




非常用発電機の定期点検

先日実施した非常用発電設備の定期点検です。

20191224-2.jpg

こちらは始動用の蓄電池設備です。

20191224-4.jpg

毎回蓄電池の内部抵抗を測定し、蓄電池の劣化を判断しています。

↓蓄電池の内部抵抗の推移です。

20191224-1.jpg

3年間のデーターですが徐々に上がってきています。

過去にも紹介しましたが電池工業会の資料によると

20191224-5.jpg

こんなカーブがあります。
初期値の1.5倍くらいで要注意、2倍くらいで寿命に近づいているということです。
今回のデーターでは初期値が不明ですが、注意の領域に近づいています。
あと1年くらい様子を見て取替になるのではと思います。

この発電機設備は半年ごとにデーターをとっているので傾向が良く分かります。

蓄電池の内部抵抗測定はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日置 (HIOKI) バッテリテスタ BT3554
価格:228100円(税込、送料別) (2019/12/24時点)


今年の月次点検票の整理と来年度の準備

もう12月も半ばを過ぎて、今年も残り少なくなりました。
今月の月次点検も予定通り完了したので、今年の月次点検表の整理と1月からの点検表の準備作業をしています。

事業場の最大電力と使用電力量の年度推移グラフの作成

20191220-2.jpg

過去数年間の電力の推移グラフです。
このグラフは月次点検表のデーターとリンクしているので、点検表に検針データーを入力すると自動的に作成でき、何時でも出力できます。
ただちょっと点検表との間に細工が必要なので、今の段階で来年度の点検表からグラフに追加する作業と合わせて、お客様提出用の今年のグラフを印刷しています。
きょうび、電力会社のホームページでこんなグラフは見ることはできますが、お客様はなかなかそこ迄やらないので、このグラフは好評です。もっとも管理技術者としてこの程度のデーターは当然必要ですが・・・・

20191220.jpg

こちらは1月からの点検表です。1月から12月までの点検表を今の段階でまとめて作っています。
エンドレスの点検表なので12月分を12枚コピーしてシート名と点検実施予定日を入力してあります。
各事業場×12枚とか6枚なので単純作業ですが結構面倒です。次回の点検日までに作成でいればいいです。・・・

11月頃から月次点検に使用しているノートパソコンのエクセルの動作がおかしくなって、まともに作業できなくなりました。
パソコンはウインドウズ7でエクセルは2010を使っていましたが、ウインドウズ7もサポートが終わるので、この際新しいモバイルパソコンに更新しました。

20191220-4.jpg

エクセルも2019となりサクサク動きます。この手のパソコンでは最軽量とのことで持ち運びは便利です。今まではLET'NOTEを使っていたので本当はそちらの機種が欲しかったのですが、あまりにも高価なのでこちらにしました。

ということで、やっと念願のonedriveに挑戦してみました。
マイクロソフトのアカウントとかが良く分からなくて、クラウドのしくみも良く分からないので、大変でしたが、何とか使えるようになりました。

↓onedrive
各ホルダーに点検表ファイルが入っています。

20191220-3.jpg

これを使えば、クラウドを通して2台のパソコンでデーターを変更でき、パソコンのファイルとも同期されるので非常に便利そうです。今までデーターの移動に使っていたUSBメモリーは不要になります。
データーのバックアップも不要なくらいです。
1月の業務から使っていこうかと思います。
点検表以外の帳票でも現場で作成、使用が可能になるのでそちらも考えていきたいです。


冬でも端子が過熱

冬は気温が低いので、点検時の温度管理は割合気楽に構えていますが・・・・

今日の月次点検で工場内の分電盤をいつもとおり点検していると・・・・
分電盤のブレーカーに温度の高いものがありました。

20191216-1.jpg

ブレーカーの一つの端子だけが過熱していました。

20191216-3.jpg

電流値は小さかったので、端子の緩みを確認してみると若干緩んでました。
増し締めして、しばらくしてから確認すると

20191216-2.jpg

温度は下がりました。
やはり端子の緩みによる接触不良で過熱したようです。
冬場は温度点検も手抜きがちになりますが、こんなこともあるので夏と同様の点検が必要です。
温度点検はFLIR社のサーマルイメージ放射温度計を使用していますが、熱画像が見えるのでまず見落としはありません。
サーモグラフィ―より小形で立ち上がりも早く使いやすいので、温度点検にはおすすめです。

こちらは別のキュービクルの電灯変圧器です。

20191216-4.jpg

容量が20kVAなので電流が定格に近づいています。昨冬より10A以上増えていました。
冬場で暖房関係の負荷が増えていることもありますが、工場内の設備の増設も関係しているようです。
こちらは、冬場で変圧器の最高温度も低いので、差し当たっては問題はなさそうです。しばらく様子を見ることとします。

点検業務は年中、気が抜けません。・・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーマルイメージ放射温度計 フリアーTG167 フリアー
価格:51238円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)


てんとう虫の冬越し

昨日の月次点検での様子です。

20191211-1.jpg

キュービクル内部の一角にてんとう虫が溜まっていました。
外が寒くなったのでこちらに集まってきたのでしょうね。
この程度なら、電気に影響はないでしょう。撤去せずそのままにしておきました。

月次点検後キュービクルの方面を見ると・・・

20191211-2.jpg

サルの親子がキュービクル付近にいました。
ここでサルを見かけたのは初めてです。

サルはこちらに用があったようです・・・↓

20191211-3.jpg

キュービクルのすぐ近くにある柿の木にです。
ほとんど実がなっていない木に多数のサルが群がっていました。
これから寒くなるのにサルも大変です。

サルはキュービクルの扉を開けるかもしれなないので施錠は大切です。

以上・・・野生の王国からの報告でした。・・・・・

恵那山冠雪(R1)

今日の恵那山は冬景色です。
午前中は晴れていましたが、午後からは曇りです。
ここ2,3日は雪でも降りそうな寒い日が続いています。

20191206.jpg

11月の発電実績(R1)

我家の11月の気象状況です。
急に寒くなりました。

20191201-3_20191203213002cbd.jpg

太陽光の発電量は下旬はちょっと天気が悪かったですが、割合安定した天気でした。
11月には年次点検が何件かありましたが、日中が雨という日は少なかったので降られることはありませんでした。

20191201-2.jpg

発電量は460kWhと11月としては上々の発電量でした。

20191201-1.jpg

11月の発電量としては過去最高でした。

簡易リレーテスター

某オークションで古い簡易リレーテスターを入手しました。

20191126-1.jpg

タイマーで設定した時間、切り替えスイッチで設定した電流が流れる装置です。
入手の目的はOCRの連動試験用です。

今日は校正試験と実機の動作確認試験を行いました。

20191126-2.jpg

↑10A設定時の出力電流です。
9.4Aでした。設定値より若干低い電流でした。他の設定値も同様に若干低い値となりました。

↓タイマーの確認

20191126-3.jpg

0.5秒設定にて動作時間は530msecと若干長い時間でした。
こちらはタイマーの誤差が±0.01%±0.05secということなのでまあまあの結果です。

実際のOCRとVCBを接続して動作試験をしてみました。

20191126-4.jpg

オムロンのOCRと東芝のVCBの組合せで動作確認ができました。
試験方法としてはタップ値に対して設定電流の倍数に対応する限時特性時間付近のタイマー設定としてVCBが遮断できれば連動試験OKという判断です。
今日の試験では、タップ3Aダイヤル0.5整定のOCRにリレーテスターより9.4A(313%電流)流し、タイマーを0.5秒より若干長い0.6秒に設定し、時間内にVCBが遮断できることを確認しました。
保安規程における、年次点検でのOCRとのVCBの連動動作試験はこれくらいでもOKかなと思いますがどうでしょうか?。
これなら毎年、重たい試験器を担いでいかなくても試験が可能なので負担がかなり少なくなります。

ブログランキング

今日のFC2ブログランキングを見てびっくり

20191124.jpg

どうしたんでしょうか?
アクセス数が多いわけでもないのに・・・・
いずれにしても珍しいことなので記念にブログに残します。

裏山が紅葉

今朝の冷え込みは-0.9℃。今シーズンの最低気温です。
朝晩は冷え込みます。
我家の裏山もしっかり紅葉しました。

20191121-1.jpg

今年は綺麗に色付きました。

これからの季節は、こちらがおいしくなります。↓

20191121-2.jpg

先日、木曽の蔵元で調達してきた限定酒です。
おいしい酒です。来月には新酒がでます。・・・・

Appendix

プロフィール

denkikanri3y

Author:denkikanri3y
サラリーマンを退職、電気管理技術者として独立開業。はや、ん年。このBlogでは、これまでの経験から電気管理技術者の実務などを紹介していきます。('07.02.10)
Plala→FC2に変更しました。('14.01.22)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスカウンター

オンラインカウンター

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR